日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > “霊性の震災学”と『追憶の森』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.372

“霊性の震災学”と共鳴する樹海奇譚『追憶の森』自殺の名所でマシュー・マコノヒーは何を見た?

tsuiokunomori_01富士の樹海を舞台にしたマシュー・マコノヒー&渡辺謙共演作『追憶の森』。2人はあの世とこの世の狭間にある樹海を歩き続ける。

 タクシー運転手は不思議に思った。初夏にもかかわらず、女性客は厚手の冬服を着ていたからだ。行き先を尋ねると、女性客は被災の激しかった地名を告げた。運転手が「あそこはもう更地ですよ」と答えると、女性客は「私は死んだのですか?」と呟き、その姿を消した。今年1月に刊行されて話題を呼んだ『呼び覚まされる霊性の震災学』(新曜社)では、被災地のタクシー運転手たちが震災後に不思議な体験をしていること、また運転手たちはこの幽霊現象で出会ったお客たちに敬意を払っていることを伝えている。東北学院大学のゼミ生たちが『霊性の震災学』の調査をしていた頃、米国でも死生観をテーマにした一本の映画の製作が進んでいた。ガス・ヴァン・サント監督の『追憶の森』(原題『The Sea of Trees』)がそれだ。『追憶の森』では心に傷を負う米国人が、日本で不思議な体験をすることになる。『霊性の震災学』に通じるものを感じさせる。

 ガス・ヴァン・サント監督はこれまでにコロンバイン高校銃乱射事件を描いた『エレファント』(03)やカート・コバーンの自死に触発された『ラストデイズ』(05)など、死に魅了された若者たちの物語を手掛けてきた。『永遠の僕たち』(11)では加瀬亮が特攻服を着た日本兵の幽霊として登場した。時代と共鳴するナイーブな感性を持つガス・ヴァン・サント監督の新作『追憶の森』の舞台は、日本が誇る霊峰・富士山の麓に広がる青木ヶ原だ。『完全自殺マニュアル』(太田出版)の発売以降、自殺の名所として日本だけでなく海外にも知られるようになった樹海で、人生に疲れてしまった男たちが出会い、奇妙なドラマが奏でられる。『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)のマシュー・マコノヒーと『硫黄島からの手紙』(06)の渡辺謙に加え、スマトラ島沖地震を扱った『インポッシブル』(12)での半裸状態の熱演が光ったナオミ・ワッツが共演という豪華キャストでも注目されている。

 物理学者のアーサー(マシュー・マコノヒー)はすっかり生きる気力を失っていた。大学の非常勤講師をしているが、不動産業をしている妻ジョーン(ナオミ・ワッツ)のほうが遥かに稼いでいる。仕事で忙しいジョーンはアルコール依存状態で、酔うとアーサーの稼ぎが悪いこと、前の職場で浮気したことを責めた。ささいなことでジョーンはすぐに怒り、夫婦仲はボロボロだった。難しい数式は簡単に解いてみせるアーサーだが、こんがらがった男女の仲を修復することはできない。アーサーはインターネットで見つけた日本の人気自殺スポット・樹海へと向かう。樹海の入口には数カ国語で自殺を思いとどまるようにと立て札が掲げてあるが、自殺を決意したアーサーの目には留まらなかった。


123
こんな記事も読まれています

“霊性の震災学”と共鳴する樹海奇譚『追憶の森』自殺の名所でマシュー・マコノヒーは何を見た?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

タクシー運転手は不思議に思った。初夏にもかかわらず、女性客は厚手の冬服を着ていたからだ。...
写真