日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > マイケル・ムーア『世界侵略のススメ』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.374

清原被告にぜひ観てほしいドキュメンタリー映画! マイケル・ムーア監督作『世界侵略のススメ』

sekaishinryakunosusume01星条旗を手に海外へ侵略戦争を仕掛けるマイケル・ムーア。これなら、彼のことを批判してきた極右派も応援してくれるはずだ。

 アポなし突撃取材で有名になったマイケル・ムーア監督の6年ぶりの新作ドキュメンタリー『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』は、多くの人にすすめたい映画だ。例えば覚せい剤所持で逮捕された清原被告は、ポルトガルではどんな薬物使用も罪に問われないことをこの映画で知ったら「栃木じゃなくてポルトガルに行っとけばよかった」と悔やむかもしれない。秋葉原殺傷事件を起こした加藤死刑囚は、ノルウェーには死刑制度がなく、しかも多くの重犯罪者たちに明るく優雅な一軒家が与えられていることに驚くかもしれない。世界は想像以上に広く、様々な価値観を持って暮らす人々がいて、米国や日本とは大きく異なる社会があることを、マイケル・ムーアはふんだんにジョークを交えて伝えている。

 今回のマイケル・ムーアは米国を離れ、外の世界から米国を見つめ直す。海外への侵略戦争が思ったような戦果を上げないことに焦る米国の国防省から相談され、疲れきった米兵たちに代わってマイケル・ムーアが各国を侵略するという設定だ。もちろん、マイケル・ムーアが銃を握ることはない。彼の武器は取材相手を油断させて何でもしゃべらせてしまうメタボな外見とユーモラスなトーク術であり、そしてカメラだ。ヨーロッパや北アフリカに上陸し、その国々ならではの有益な社会政策をいただいていく。

 これまで米国ライフル協会、ブッシュ政権、保険業界、ウォール街を相手に、体を張って闘ってきたマイケル・ムーアだが、米国内ではすっかり顔が知れ渡り、得意の突撃取材ができなくなってしまった。アカデミー賞授賞式典で「ブッシュよ、恥を知れ」とスピーチして以来、脅迫状が頻繁に届くようになり、自腹で屈強なボディガードたちを雇うはめになった。アメリカを愛するがゆえに問題提起してきたが、祖国を離れて取材せざるを得なくなったという次第。でも、海外を回ることで、逆に米国(そして米国に追随する日本)の問題点がありありと浮かび上がる。米国や日本の常識は必ずしも世界の常識ではないことが見えてくる。

 序盤、マイケル・ムーアはフランスのとある食堂を訪ね、フレンチのコース料理で腹ごしらえをする。子どもたちが溢れるこの食堂は、ムーアいわく「三ツ星か四つ星クラス」の味を誇るが、ミシュラン本にはいっさい載っていない。それはここが、フランスのごく普通の小学校の中にあるカフェテリアだからだ。フランスの子どもたちは毎日美味しいそうな給食を楽しむことで、食事の大切さやマナーを学んでいる。食器はビンボーくさいプラスチックやアルミではなく、陶磁器が使われている。子どもたちと一緒にテーブルに就いたムーアがコーラを呑んでいても、誰もコーラに興味を示さない。シェフの手が掛かったコース料理に、コーラが馴染まないことを子どもたちは分かっているらしい。フランスの子どもたちは美味しいフレンチを味わい、級友とデザートを分け合いながら、一人前のフランス人へと育っていく。ジャンクフードを与えられている米国の子どもたちが、ムーアには不憫に思えて仕方ない。


123

清原被告にぜひ観てほしいドキュメンタリー映画! マイケル・ムーア監督作『世界侵略のススメ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

アポなし突撃取材で有名になったマイケル・ムーア監督の6年ぶりの新作ドキュメンタリー『マイ...
写真