日刊サイゾー トップ > 芸能  > 黒島結菜がジャニーズに食われる!?

ドラマ版『時をかける少女』主演・黒島結菜の不安は“演技力”よりジャニーズに“食われる”こと!?

kurosima日本テレビ系『時をかける少女』番組サイトより

 7月からスタートする新ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)で連ドラ初主演する黒島結菜に、心配の声が上がっている。

 若手の登竜門として、過去何度も映像化されてきた作品ではあるが、ファンからは「リメイク作品では代表作にはならない」という声や、「物語をよくわかってない」という厳しい意見が聞かれる。

 黒島は今回の主演に「小さいころにアニメを見てから大好きな作品なので、まさか自分が主人公の女の子になれるとは思ってもいませんでした」とコメントを寄せたが、2006年公開のアニメ版は原作から約20年後の設定で、主人公は実写版主人公の姪というもの。仕事を引き受けているのに、アニメ版との違いがわからない発言をしたことにツッコミが入っているわけだ。

 同作は、筒井康隆のSF小説が原作で、ラベンダーの香りを嗅いでタイムトラベルできるようになった女子学生が、未来の男性と出会う物語。1972年に島田淳子主演でドラマ化したのが最初だが、83年の原田知世主演の映画版が大ヒット。以降は、南野陽子、内田有紀、安倍なつみがドラマでリメイクしたほか、前回は10年に仲里依紗主演で映画となった。

 スポーツ紙の記者によると「一説には、有村架純や大友花恋も主演候補に名が挙がったそうで、相手役にはKis-My-Ft2の玉森裕太という案もあったとか。もっとも玉森のほうは、SMAP独立騒動で元マネジャー、飯島(三智)さんが退社となった影響でSexy Zoneの菊池風磨に差し替えられたようで、黒島&菊池を抜擢したように見えて、実際には第2、第3希望だったのでは」というが、日本テレビにキャスティングのプロセスについて聞いたところ、「個々の案件については答えられない」とノーコメントだった。

「第2第3のオファーだったら急なものになるので、アニメと実写の違いとか、よく把握する前に答えたのかも」と記者。

 ただ、何度もリメイクされた作品でお手本が先にあるだけに、作りやすい面はある。

12

ドラマ版『時をかける少女』主演・黒島結菜の不安は“演技力”よりジャニーズに“食われる”こと!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

7月からスタートする新ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)で連ドラ初主演する黒島結菜...
写真