日刊サイゾー トップ > 芸能  > 能年玲奈、業界追放でAVデビュー?

能年玲奈、芸能界追放の危機にファン不安……“高橋しょう子コース”への懸念と期待は?

能年玲奈、芸能界追放の危機にファン不安……高橋しょう子コースへの懸念と期待は?の画像1

 女優の能年玲奈が、所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約を更新せず、契約が切れる7月以降、独立へ踏み切るのではないかと、24日付の日刊スポーツが報じた。これに対して、ネット上では「飼い殺し状態にされるよりはマシじゃない?」「びっくりポン! 間違えた、じぇ×3!」などと、賛否両論、さまざまな意見が飛び交っている。

 能年といえば、2013年に放送されたNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』のヒロイン役でブレークを果たしたものの、昨年4月、能年が長年、演技指導を受けてきた演出家と共に無断で個人事務所を設立。レプロと確執状態に陥っているのではないかという疑惑が一斉に報じられ、騒動となっていた。

 以降、能年の仕事量は明らかに激減し、能年自身が更新するブログ以外では、ほとんどその姿を見ることができなくなってしまっている。

「ネット上では『完全に干された』『飼い殺し状態』とささやかれていますが、今月23日に発売された『週刊女性』(主婦と生活社)で、能年が契約更新に応じない場合、レプロ側が法的手段に訴える可能性もあると報じられたことで、『このまま芸能界追放?』『小泉今日子も引き取ってくれないの?』などと、ファンは不安を募らせているようです」(芸能関係者)

 そんな中、仮に芸能界追放の憂き目に遭ってしまった場合、「AV堕ちもあるのでは?」との声も、ネット上では広がり始めているようだ。

「レプロは、芸能界のドンとも呼ばれる周防郁雄が社長を務めるバーニングプロダクション系列の事務所なだけに、このまま契約更新せず、周防と強い信頼関係で結ばれているとされる小泉の事務所に移籍することもかなわないとなれば、ほかに引き取ってくれる事務所を見つけるのは困難を極めます。そうなると、ファンが心配するのは“AV堕ち”。最近では、グラビアアイドルとして活躍していた高崎聖子が、昨年9月に報じられた枕営業・援助交際疑惑で引退を余儀なくされ、そのまま芸能界引退するのかと思いきや、高橋しょう子に芸名を変え、今年5月に芸能人専門AVメーカー『MUTEKI』よりAVデビューを果たしました。それだけに、『玲奈ちゃんも、そんなことにならないよね?』『俺は純粋無垢な玲奈ちゃんが好きなんだ!』などと、能年ファンが不安を抱く一方、ネット上では『朝ドラヒロインのAVデビューなんて、すごいセンセーショナル!』『能年がAVデビューしたら、久しぶりにAV買っちゃうかも』などと、盛り上がりを見せているようです」(同)

 02年に放送された『まんてん』の宮地真緒や、04年に放送された『わかば』の原田夏希、14年に放送された『花子とアン』の吉高由里子など、別のドラマや映画で大胆な濡れ場シーンを演じた女優はいるが、AVデビューした朝ドラ女優はまだいない。能年は、朝ドラヒロインの歴史に新たな1ページを刻むことになるのだろうか?

最終更新:2017/05/31 17:47
こんな記事も読まれています

能年玲奈、芸能界追放の危機にファン不安……“高橋しょう子コース”への懸念と期待は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

三国志武将がJKに転生!?

 近年、異世界転生マンガの台頭が目覚ましいで...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

女優の能年玲奈が、所属事務所・レプロエンタテインメントとの契約を更新せず、契約が切れる7...
写真