日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 元・着エロアイドルが激白!
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

元・着エロアイドルが激白!「グラドルやってて一番つらかったこと」

「なんで最初から撮影だって教えてくれないんですか!? 私、それなら教授に掛け合って、なんとかしてました! なんで予定しか聞いてくれなかったんですか!?」

 そう泣きじゃくる私にも社長はまったく動揺せず、淡々と話します。

「俺は前に言ったよね? 『この日空いてる?』って尋ねて、空いてなければなしにすると。聞かれた日は打ち合わせだろうと撮影だろうと、関係ない。『空いてない』と言ったおまえが悪い」

 話は一方通行でした。

 また、こんなこともありました。その少年誌に載った新人グラドルと私は、違う正統派グラドルにしたかったようで、その新人をスカウトして、事務所でその子と親御さんに挨拶する際には“吉沢さりぃ”が所属していることは隠したそうです。社長いわく、「さりぃみたいなことをやらされるって思ったら、親御さん心配するでしょ?」とのことでした。私にも親はいるんだけどな……(苦笑)。もう、これには涙も出ませんでした。私は所属タレントでもなんでもない。道具なんだ。私は“おっぱい出してお金を稼ぐ道具”だ。この辺りから、過敏性腸症候群の症状が出始めたのです。

 この後もだまされて脱がされそうになったり、ギャラをもらえなかったり、不本意にクビにされたり、たくさん嫌なことはありましたが、少年誌に出られなかったこと以上につらいことはありませんでした。これを書いている今も、やっぱりまだ悔しいし、煮え切りません。もう年齢的にも、少年誌に出るなんて厳しいじゃないですか。

 ただ今、私は、事務所フリーの暴露キャラというトリッキーな存在なのに、あの当時よりも、応援してくださるファン、お仕事をくださる方、私を仲間だと言っていろんな方を紹介してくれる人……など、あのつらかった時よりも、私を支えてくれる方がたくさん増えました。そう思えば、あの事件も、起こるべくして起こったのかな……なんて思えます。

 ただ、このいつ来るかわらない腹痛と、緊張するとすぐ下痢ピーしちゃうのだけは、なんとかしなきゃなと思います……。グラドルもつらいよ!

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネージャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/05/31 12:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed