日刊サイゾー トップ > インタビュー  > バイク川崎バイクが抱える“心の闇”
10周年記念全国ツアー決定!

ブレークできない原因はコレだった!? バイク川崎バイクが抱える“心の闇”に肉薄!

bkb001.jpg撮影=尾藤能暢

「バイクだけにブンブン」赤のラグランTシャツに、サングラス、バンダナを巻いたスタイル、なんでも「BKB」に略すネタで突如バラエティの世界に舞い降りたモーターサイクル天使、バイク川崎バイク。毎年、ブレークする、ブレークすると言われ続けているBKBに、2016年こそは(もう6月だけど)……の意気込みを聞く。意外や意外、BKBのブレークスルーは自己○○にあった!?

バイク川崎バイク(以下、BKB) 以前サイゾーさんに、僕の記事書いてもらったんですけど。

――……なんですか、悪口でしたか?

BKB 僕が「R-1」の決勝に行ったときかなぁ。決勝の前日にBerryz工房と一緒に番組やって、そのことが記事になってた。「BKBが決勝で負けたのは、ももちのせい」みたいなタイトルで(参照記事)。

――ありました、ありました。

BKB 「Berryz工房がBKBにハマらず、全部ももちに持っていかれた」と。ほんまそうやなと思いながら読んでいたんですけど、ふと違和感があって。「その後、川崎が」とか「川崎が○○を話しても」とか、僕のことずっと「川崎」って書くんですよ。「サイゾーさんは僕のことを『川崎』って書く」とは、舞台でネタにさせてもらいました。

――失礼いたしました。今回は、どの表記でいきましょうか? あえての「川崎」にします?

BKB 誰かわからんくなるので、BKBでお願いします(笑)。

――BKBさん初の全国ツアー、しかも10周年記念ということで、まずはそのお話からお聞かせいただきたいです。

BKB これちょっとややこしいんですけど、“BKBになってから 10年”なんですよ。芸歴自体はもっと長くて、非常にグレーな 10周年記念。一応ピンになってからということで。

――しかし、10年は長いですよね

BKB 長いようで短いと申しましょうか。月並みですが、あっという間でした。「街の帽子屋さん」というコンビを 2~3年組んでいたんですけど、相方(帽子屋お松)に「一人でやりたい」と言われて解消。帽子屋さん時代、僕はネタを書かなかったので、「う~ん」ってなりましたよ。

――それでも一人でやり続けようと思ったのは?

BKB やめたくなかったんですよね。まだ若かったんで、26ぐらいかな。無理やったら(芸人になる前にやっていた美容師に)戻ればエエか、くらいのモチベーションで。

――手に職は強い。

BKB あとは、周りの芸人が「川崎も、なんやかんや味あるし」みたいなことを言ってくれて。いま思えば無責任なねぇ(笑)。あの頃は戸惑いしかなかった。あらためて相方ってすごかったんやなって。僕ももちろんネタを書いたことがなかったわけじゃないんですけど、いきなりピンのネタは難しくて……。

――自分と向き合わなきゃいけない……。

BKB 自分を客観視する方法が、わからなかったんですよ。それで何を思ったか、1発目にやったネタが、妖怪。

――どんな妖怪なんですか?

BKB 妖怪「ひょうすべ」。人を笑い殺す九州の妖怪です。1発目がそれやったんで、みんな「……頑張ってんな」と思ってくれたらしいですが(笑)。

――ひょうすべで、BKBさんのピン芸人としての路線が固まったと。

BKB 漠然とね、インパクトのある格好や見た目じゃないとアカンやろなと。(レイザーラモン)RGさんとか、すごいじゃないですか。いろんなキャラ、面白い見た目、物まねとかどんどん作り出していって、なおかつ自然に演じてる。僕はそんなタイプじゃなかったんで、気質的に。派手なことを思いつく人間じゃないんですよ。


1234
こんな記事も読まれています

ブレークできない原因はコレだった!? バイク川崎バイクが抱える“心の闇”に肉薄!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...…
写真