日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 吉本男前が廃止、原因はあの人か

『よしもと男前ランキング』廃止の理由は、やっぱり“あの人”!?「殿堂入りすると名前が出続ける……」

『よしもと男前ランキング』廃止の理由は、やっぱりあの人!?「殿堂入りすると名前が出続ける……」の画像1

 お笑いトリオ・パンサーの向井慧が7日、都内で行われたイベントに出演。自身が昨年、男前1位に輝いた毎年恒例の「よしもと男前ブサイクランキング」について、「誰も興味がなさすぎて、廃止になった」と明かした。

 同ランキングは、よしもとが発行していた月刊誌「マンスリーよしもと」の企画として2000年にスタート。毎年、一般投票を行い、「男前ランキング」「ブサイクランキング」を発表。10年には、女芸人版として「べっぴんランキング」「ぶちゃいくランキング」も加わり、結果発表時にはマスコミを集めて記者会見を行っていた。

「10代のお笑いファンが多く投票していたため、ランクインするのは若手芸人がほとんど。テレビではあまり見かけないながらも、劇場で人気のある“旬の若手”がわかるランキングとしても機能し、業界関係者はキャスティングの参考にするため注目していた」(芸能ライター)

 そんな“顔見せ”の役割も担っていた同ランキングだが、よしもと側に旨味がありながらも廃止された理由は、やはりあの騒動のようだ。

「アジアン・隅田美保が、テレビ界から去ったことが原因のようです。隅田は昨年3月にレギュラー番組を自ら降板し、今後テレビに出ないことを表明。現在は、劇場を中心に活動していますが、共演者から“ブスいじり”をされることはなくなったといいます」(同)

 くだんのランキングでは、3年連続で首位を獲ると“殿堂入り”するシステムがある。相方の馬場園梓が13年に『べっぴんランキング』で殿堂入りする一方、隅田は12年に『ぶちゃいくランキング』で殿堂入り。昨年7月には「FLASH」(光文社)の直撃に対し、テレビから消えた理由を「普段から『ブス、ブス』と言われるのがホンマに嫌で、バラエティ番組でみんなにいじられてるせいで、婚期を逃している」と語ったことで、お笑い業界に衝撃が走った。

「隅田の告白は、お笑い関係者にとって大変ショックなものだった。殿堂入りすると、ランキングが続く限り名前が出続けることになるため、こうなっては続けられません。ただ、今年、悪質な無免許運転で逮捕されたベイビーギャング・北見寛明が、昨年の『男前ランキング』で3位にランクインしていましたから、その点は好都合なタイミングでの廃止といえるかも」(同)

 ネタ番組が減り、長い氷河期をじっと耐えているお笑い業界。劇場レベルの若手芸人のアピールの場が、また一つ失われてしまったのは残念だ。

最終更新:2017/06/01 19:42

『よしもと男前ランキング』廃止の理由は、やっぱり“あの人”!?「殿堂入りすると名前が出続ける……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

お笑いトリオ・パンサーの向井慧が7日、都内で行われたイベントに出演。自身が昨年、男前1位...
写真