日刊サイゾー トップ > 芸能  > うんこ発言・りゅうちぇるに各局警戒

飲料イベントで「うんこ」発言の人気モデル・りゅうちぇるに各局警戒「生放送で使うな」

飲料イベントで「うんこ」発言の人気モデル・りゅうちぇるに各局警戒「生放送で使うな」の画像1スターレイプロダクションオフィシャルサイトより

“ちぇるちぇるランド”の王子様がやらかした。

 モデルでタレントのぺこと交際中のりゅうちぇるが5日、都内で行われた乳性飲料のイベントにゲストとして登場。「うんこ」発言でイベント主催者を困惑させたという。

「りゅうちぇるはイベント中、最近の悩みとして『おしっこが漏れちゃう』『興奮すると、うれションしちゃう』と放言。これはテレビ番組でもトークしたことがある内容で許容範囲ギリギリだけど、続けて発したコメントが……」(芸能事務所関係者)

 なんと、りゅうちぇるは「大きいほうが……収録中に……」と、ぶっちゃけたという。

「りゅうちぇるは不思議系キャラがウケて、特に10代の中高生に人気がある。でも、乳性飲料のイベントで“うんこネタ”は絶対タブー。すかさず主催者から注意され、本人もバツが悪そうでした」(前出関係者)

 すぐにNGが出たため発言の詳細は不明ながら、推測するに“興奮してうんこをちょっと出してしまった”か“我慢できずに、ちょっと出てしまった”かの、いずれかが考えられる。

 現場には約20人の報道陣が訪れていたそうだが、「『うんこ』発言は当然、各社カットした。ガキじゃないんだから」(同)とドン引きだったという。

「この話は、各局で情報共有されています。りゅうちぇるは飛ぶ鳥を落とす勢いでブレークしてバラエティ番組に出ているけど、今後は生放送では使いづらく、『キャスティングするなら収録で』という方針が再確認された番組もあるようです。もともと不規則発言が多くて生放送向きではなかったけど、今回の『うんこ』発言で、それがより鮮明になった」(同)

 不思議系はキャラではなく、素なのか、りゅうちぇるは去年7月23日にTwitterで、「今日原宿でうんこふんだけどれいくんとひさびさにあそんで爆笑してるいひひひひ」と記述していた。

「Twitterの件はブレーク前だからまったく騒がれなかったけど、露出を続けているタレントの『うんこ』発言は許されるものではない。今後は、事務所の再教育が必要」(同)

 弱冠二十歳で、芸能界の“常識”には疎い。

 前出関係者によると、乳性飲料のイベントにゲスト出演したにもかかわらず、りゅうちぇるは「1週間前にお仕事(このイベント出演のオファー)が来たので、飲んでみた」と、明らかにしなくてもいい事実を正直に言ってのけたという。

 せっかくここまで知名度を上げたのだから、こんな騒動でウンが尽きて人気が下降してはもったいないところだが……。

最終更新:2017/06/01 19:54
こんな記事も読まれています

飲料イベントで「うんこ」発言の人気モデル・りゅうちぇるに各局警戒「生放送で使うな」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

“ちぇるちぇるランド”の王子様がやらかした。 モデルでタレントのぺこと交際中のりゅうちぇ...
写真