日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > イチローVSチチローの断絶続く
週刊誌スクープ大賞

日米通算で最多安打記録更新も、チチロー VS イチロー夫妻の断絶は続いていた!

motoki0620「週刊文春」(6/23号、文藝春秋社)

今週の注目記事・第1位
「【告発スクープ】『東京五輪招致』電通元専務への巨額マネー」(「週刊文春」6/23号)

第2位
「気をつけろ!『保険ショップ』にダマされる中高年が急増中」(「週刊現代」7/2号)

第3位
「舛添のせいで自民党『議席減』の衝撃データ」(「週刊現代」7/2号)

第4位
「『辞職』をめぐる核心 女性社長『最後のブレーン』激白100分『出版社社長』の正体 『彼と舛添先生はパリ凱旋門賞で気が合った』」(「週刊文春」6/23号)

同・第5位
「【進行性乳がん】『小林麻央』と『海老蔵』の秘密」(「週刊新潮」6/23号)
「小林麻央『海老蔵緊急会見』で伏せられた『本当の病状』」(「フライデー」7/1号)

第6位
「【全国民必読】上がるのか、下がるのか 2020年 あの人気マンション 値段はこうなっている」(「週刊現代」7/2号)

第7位
「医者に言われても『受けてはいけない手術』『飲み続けていてはいけない薬』」(「週刊現代」7/2号)

第8位
「有名企業100社ボーナス大調査」(「週刊ポスト」7/1号)

第9位
「十和田湖で4人の内臓をえぐった人食い『ツキノワグマ』の最期」(「週刊新潮」6/23号)

第10位
「【トランプはどう考える 入国を厳しくしてもムダ! IS戦士は内側で育っている】銃乱射死傷者102人『米国内無差別テロ』が始まった!」(「フライデー」7/1号)

第11位
「偉大な『イチロー』と『チチロー』の完璧なる断絶」(「週刊新潮」6/23号)

第12位
「8億円の土地転売で『ダウンタウン松本』の譲渡損益」(「週刊新潮」6/23号)

第13位「ポスト舛添に急浮上 櫻井翔パパに出馬の可能性を直撃」(「週刊文春」6/23号)

【巻末付録】現代とポストのSEX企画の勝者はどっちだ!

 舛添要一氏が都知事を辞任して騒動はようやく収束したが、2代続けてバカバカしいことで無駄な時間とカネを使ったものだ。

 今度出てくるのはどんなやつでもいいが、身ぎれいな人間に出てほしいものだ。政治家は舛添と五十歩百歩。またスキャンダルで追われるに違いない。

 では、安倍官邸が推したくてたまらない「嵐」の櫻井翔のパパ、櫻井俊総務省事務次官(62/6月3日に退任)はどうか?

 本人は文春の取材に、出馬の可能性はゼロだと答えているが、子どもの七光りを頼りにする父親など、都政のトップにふさわしいはずはない。となると、誰もいなくなってしまうが、行政のわかる清新な大学教授などいないものか?

 フランス文学者で元東大総長の蓮實重彦さん(80)なんて、いいのではないか。三島由紀夫賞を受賞した時の会見で「はた迷惑な話だ」と発言して、見ている者をスカッとさせた。

 迷惑だろうが、ここはひとつ最後の花を咲かせてくれないかと頼んだら、意外に引き受けてくれるかも。80歳じゃ? いいじゃないか、酸いも甘いもかみ分けて“達観”している人のほうが、若くてギラギラしている物欲しそうなヤツよりナンボかいい。


12345678
こんな記事も読まれています

日米通算で最多安打記録更新も、チチロー VS イチロー夫妻の断絶は続いていた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

舛添要一氏が都知事を辞任して騒動はようやく収束したが、2代続けてバカバカしいことで無駄な...
写真