日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > イチローVSチチローの断絶続く
週刊誌スクープ大賞

日米通算で最多安打記録更新も、チチロー VS イチロー夫妻の断絶は続いていた!

【巻末付録】

 今週もマンネリをものともせず、同じことを繰り返している現代、ポストのSEXグラビアや特集を紹介してみよう。やや蒸し暑さのせいか、気は進まないが。

 まずは、ポストのグラビアから。なんの説明もないからわからないのだが、今週も俳句とヌードの取り合わせ。

「この想い伝える術は 響子さーん ご一緒に吟行ロマンしませんか」。一句「夾竹桃ひと夜の庭の甘さかな」。なんとなくいいね。

 「写真家小沢忠恭と女優・アイドルの時代」。佐野量子、菊池桃子、武田久美子、中山美穂、小泉今日子、杉浦幸……。懐かしいな~。

 連載「夕方までの……ご近所ヌード 優希ちゃんちのママ」。袋とじは「世界一美しい東欧美女ヌード紀行」だが、きれいすぎてわいせつさがないのが難点だ。

 現代は「AKB48 峯岸みなみ かわいい悪魔」。この子、23歳だというが、どこがいいんだろう? 私にはさっぱりわからない。

「シリーズ『記憶の中に棲む女』はるな『死ぬほど愛して』」。芸人・狩野英孝の二股騒動で一躍有名になった「加藤紗里 お騒がせ娘の恥じらいヌード」。確かに、男受けする体ではあるね。ちとハーフっぽい。

「アイドルの決意 染谷有香」。175mの身長にGカップ。規格外のダイナミックボディを鮮烈に大公開するとある。

 袋とじは、毎度おなじみの高崎聖子あらため、高橋しょう子「たかしょー 完全未公開ヘアヌード」。やはりかわいさでは一番いい。

 記事にいこう。現代の「あの素晴らしいSEXをもう一度」は「妻から夫への伝言 私たちが『好きにSEX』『嫌いなSEX』」ときた。

 確かに「慣れ親しんできた仲」だからできることはあるのだろうが、わたしゃ、新鮮なほうがいいと思うがね。

 ポストの「死ぬまでSEX」のほうは「美熟女を抱いて死にたい」。いったい美熟女って、いくつまでを言うのだろう?

 かつてはAVの帝王と呼ばれた村西とおる監督が、7年ぶりに新作のメガホンを取ったそうだ。今回は素人で人妻、40歳美熟女だという。

「抱いた男だけが知っている美熟女さんの気持ちよさ」「美熟女インストラクターが愛欲指南『美熟女はゆっくり、長~く愛して』」。私も美熟女を愛してみたいけど、どこで彼女たちに出会えるのか教えて欲しいね。

 というわけで、企画倒れ共倒れ寸前の両誌は、引き分けじゃ~。
(文=元木昌彦)

最終更新:2016/06/20 21:00
12345678
こんな記事も読まれています

日米通算で最多安打記録更新も、チチロー VS イチロー夫妻の断絶は続いていた!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

舛添要一氏が都知事を辞任して騒動はようやく収束したが、2代続けてバカバカしいことで無駄な...
写真