日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > フジの新ドラマにトレンディ臭

フジテレビ・亀山千広社長「まずはドラマ」発言も、7月期に希望なし?「放送前からトレンディ臭が……」

 フジテレビの亀山千広社長は28日、フジ・メディア・ホールディングスの株主総会で、視聴率回復の糸口は「ドラマ」であるという考えを明かした。

 大幅減収となった放送事業について、株主から批判や提案が飛び交う中、亀山社長は「まずはドラマで話題を呼び、バラエティで視聴習慣を根付かせ、最後は報道番組で信頼を得る。そのためには、なんとしてでもヒットドラマを生まなくてはならない」と発言。また、「バブルを経験した世代ばかりで、若い人に権限を委譲できていない」との指摘に対し、「7月にスタートするドラマは、30代のプロデューサーを中心に制作している」と強調した。

 以前から指摘されている“時代感覚のズレ”を、正そうとしている亀山社長だが、29日には、8月から鈴木保奈美主演『ノンママ白書』を放送すると発表。連ドラ主演が18年ぶりという鈴木は、広告代理店勤務の女性を演じるというが、案の定ネット上では「バブルが抜けてない」「今時、鈴木保奈美って……」との声が見受けられる。

「7月期の松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』の主人公も、“元広告代理店の売れっ子クリエーティブディレクター”だといい、放送前から『トレンディドラマ臭がする』と話題に。また、制作サイドは『等身大の女性を描く』とアピールしているものの、主人公がベビーシッターを雇える経済状況であったりと、“等身大”とはかけ離れており、放送前から『フジの悪い癖が出まくり』『感覚が古い』との声が上がっている」(テレビ誌記者)

 4月期のフジの連ドラは、月9『ラヴソング』が期間平均8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で“月9史上最低”を記録し、『早子先生、結婚するって本当ですか?』『OUR HOUSE』共にプライム帯で大コケ。NHK、日本テレビ、TBS、テレビ朝日が、それぞれ期間平均で2ケタに届く連ドラを生み出す中で、フジだけは2ケタに届かなかった。

12

フジテレビ・亀山千広社長「まずはドラマ」発言も、7月期に希望なし?「放送前からトレンディ臭が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

フジテレビの亀山千広社長は28日、フジ・メディア・ホールディングスの株主総会で、視聴率回...
写真