日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 北の大地の知られざる名物
ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第58回

カツ丼で天丼で日本そば? 北の大地の知られざる名物『バホそばドン丼?』ってナンだ!?

DSCN5643バホそばドン丼以外に怪しいメニューはないが、他人丼は関東ではあまり見ない。

 札幌駅から20分ほどのところにある琴似駅。その駅からさらに5分ほど歩いたところにある、ごく普通のおそば屋さんのメニューに、何がなんだかさっぱりわからない丼を発見した。その名も、

『バホそばドン丼』

である。

 東京生まれ東京育ちの筆者にとって、この名前の中で理解できるのは、“そば”と“丼”だけ。バホとドンに関しては、北海道の方言なのかどうかすら不明である。いや、そばと丼に関しても、内地ではひとつのメニューになることはまずない。普通、そばは「○○そば」であり、「丼」はごはんものを指すからだ。強いて言うなら「○○そば××丼セット」だろう。

 とりあえずその謎のメニューを頼むと、筆者とほぼ同時に入店した道民と思える隣のテーブルのカップルの男性も、「バホそばドン丼?」と、半疑問形で同じものを頼んでいた。

 ということは、地元民でも理解できないメニューということ。方言でも、その地域のソウルフードでもないメニュー、ますます気になってきた。

 店は外観も内部も、ご主人もその奥様と思える厨房の女性も、まったく普通である。その温厚そうな夫婦の仮面の下に、どんな策士の顔が隠れているというのか?

 ほどなくして着丼したメニューは、「なるほど、これがバホそばドン丼か!!」というようなインパクトは、ほぼなかった。

DSCN5617見かけは普通のカツ丼とお新香、お味噌汁のセットと思えたが……。

 それは、隣テーブルの男性も同じだったようで、とりたてて驚きの声も歓声も聞こえては来ない。パッと見、普通のカツ丼じゃないか。この街では、カツ丼を「バホ~」と呼ぶとしたら、そっちの方が驚きである。

 しかしよく見ると、筆者が知っているカツ丼には見かけない食材がチラッと見切れている。エビだ。ということは天丼か? いやいや、天丼にしてはエビが衣に包まってない。
 驚いたのは次の瞬間だった。カツとエビの間から見えていた不思議なものを箸でつまみ上げると、それが“そば”だったのだ。

12
関連キーワード

カツ丼で天丼で日本そば? 北の大地の知られざる名物『バホそばドン丼?』ってナンだ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

札幌駅から20分ほどのところにある琴似駅。その駅からさらに5分ほど歩いたところにある、ご...
写真