日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > “路上不倫”アナがサイトから消滅

あっさり身元が特定! NHK“路上不倫”男女アナが公式サイトから消滅……

nhk0705

 7月1日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)で、「NHK女子アナとキャスターの『路上不倫現場』」との衝撃的な見出しが躍った。

 同誌によると、6月下旬の夜8時、カメラマンがある情報をもとに張り込みを続けていたところ、1台のワンボックスカーが片側1車線の狭い国道を登ってきて、停車帯に車体を寄せた。すると、運転席にいた男性と助手席にいた女性が、あろうことかカーセックスに及んだのだという。その際のなまめかしい写真も掲載されている。

 このカップルは、NHK地方局で夕方のニュース番組の司会を務める30代後半の加賀隆一アナと、20代半ばの山田優香アナ(共に仮名)で、つい1時間ほど前まで、2人並んでお堅いニュース番組に出演していた。同誌が確認しただけでも、週に複数回、時には3日連続でデートを楽しむこともあったらしい。

 男性は既婚者で、東京アナウンス室で勤務経験があり、お笑い番組などを担当していた全国的にも著名なアナウンサー。女性は地元の国立大学を卒業し、2012年に契約キャスターとして入局したとされる。2人の関係は局内では周知の事実で、男性は上司から注意を受けていたが、それでも不倫を続けていたという。

 同誌においては、仮名で、写真にはモザイク、目線が入っているため、各マスコミは“犯人捜し”に躍起になったが、男性がことのほか大物であることから、その身元はあっさり特定されてしまったようだ。

 ここで、男性をAアナ、女性をBアナとするが、2人が夕方のニュースを担当していたとみられる関東・甲信越のC局では、同誌で報道されることが明らかになった6月30日、2人を番組から降板させた。番組中、2人が出演しない理由の説明はなく、淡々と進行。さらに、7月1日までに、同放送局の公式ホームページからプロフィールが削除されてしまったのだ。

 やましいことがなければ、こんなことが起きるはずがなく、これらの局の対応により、この男女がC局のAアナとBアナと特定されてしまったようだ。NHK広報では、この件については一切コメントしていない。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed