日刊サイゾー トップ > その他  > ビル・マーレイ、アフガンでロックを叫ぶ!? 異色コメディ『ロック・ザ・カスバ!』の挑戦

ビル・マーレイ、アフガンでロックを叫ぶ!? 異色コメディ『ロック・ザ・カスバ!』の挑戦

ロックの名曲に乗せて世界を揺らせ!

20160719-RTK-sub9.jpg

バリー・レヴィンソン監督とビル・マーレイ

 そもそも映画『ロック・ザ・カスバ!』のアイディアは、一人の女性が命がけでTV番組『アフガン・スター』に出演し歌声を響かせた実際の出来事に着想を得たものなのだとか。

 さらに、この映画のタイトルがザ・クラッシュの名曲の引用であることはファンならずともお気づきだろう。版権の都合上、作中で楽曲そのものは使用されていないが、おそらく作り手の中では『アフガン・スター』の一件とクラッシュの名曲にほとばしるスピリットとが電流を帯びたみたいにしっかりと手を結んだのだ。だからこそ本作には文化や宗教の違いを乗り越えて世界をロックしようという思いが満ちている。

 と同時に、これは一人の男が自分の人生を奮い立たせようとする物語でもある。もう自分は終わった、過去の人間であると薄々気がついている人間が、世界の果てにて、もう一度だけ魂を熱くかき鳴らす。それはややもすると自己満足かもしれないし、アフガンの人々からすれば迷惑なことかもしれない。

20160624-rockthekasbah-sb3.jpg

 それでも映画は突き進む。正解など誰にもわからない。一つだけ言えるとすれば、それをビル・マーレイが演じているということ、ただそれだけだ。「WILD WORLD」や「KNOCKIN’ ON HEAVEN’S DOOR」などの名曲に乗せて彼がこの地にのらりくらりと佇んでいるだけで、僕らは苦笑いしながら、その姿をじっと最後まで見守ってしまう。

マーレイという人間はやっぱりそういう男。世界のどこででも、あくまで自分のペースで魂を揺らす、愛すべきロックな男。そんな彼に出会いたければ『ロック・ザ・カスバ!』に身を投じてみると良いだろう。

『ロック・ザ・カスバ!』予告編

■牛津厚信
映画ライター。明治大学政治経済学部を卒業後、某映画放送専門局の勤務を経てフリーランスに転身。現在、「映画.com」、「EYESCREAM」、「パーフェクトムービーガイド」など、さまざまな媒体で映画レビュー執筆やインタビュー記事を手掛ける。また、劇場用パンフレットへの寄稿も行っている。Twitter

■公開情報
『ロック・ザ・カスバ!』
新宿シネマカリテ(東京)7月20日(水)〜公開
シネ・リーブル梅田(大阪)8月7日(日)〜公開
中川コロナシネマワールド(愛知)8月9日(火)〜公開
シネマポイント(長野)2016年秋公開
監督:バリー・レヴィンソン
脚本:ミッチ・グレイザー
音楽:マーセロ・ザーヴォス
撮影:ショーン・ボビット
出演:ビル・マーレイ、ブルース・ウィリス、ケイト・ハドソン、ズーイー・デシャネル、テイラー・キニー
配給:クロックワークス
原題:「ROCK THE KASBAH」/2015年/アメリカ/106分/カラー/シネマスコープ/英語
(c)2015 Kasbah, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:2016/07/20 07:00
12

ビル・マーレイ、アフガンでロックを叫ぶ!? 異色コメディ『ロック・ザ・カスバ!』の挑戦のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

瓜田『若おかみは小学生』を見て怒る

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(38)が森羅万象を批評する不定期連載。今回の...
写真