日刊サイゾー トップ > 芸能  > ジャニ&AKBの裏アカ大量流出

高島礼子ドラマがシャブ逮捕効果で民放2位、ジャニーズ&AKBの“裏アカ”大量流出……週末芸能ニュース雑話

記者H せめてLINEにしとけばいいのに……とは思いますけどね。まあ、メンバーはキモヲタに入れ替わり立ち代り触られて、疲弊しているのかもしれませんね。最近のAKBグループの特典商法は、握手会や写メ会のみならず、サイン会や、自撮り2ショット写真会、録音会、動画会……と、どこまでもエスカレート。特典会が増えたことで、メンバーの負担は計り知れません。

デスクT 後にAVデビューしたSKE48の鬼頭桃菜も、六本木の芸能人御用達会員制バーでNEWS・手越祐也と合コン開いてキスしたり、Twitterに「まえにめっちゃきもいやつおる」「ファンだったー」「きめえええええ」「いっきにしょくよくうせたきもい」とか書き込んでたもんね。

記者H 夏の握手会も、臭そうですしね。では、次のネタも、アイドルです。

アイドルに運営スタッフが暴力!

記者H アイドルユニット「虹の架け橋」の運営スタッフの伊藤氏が18日、19歳メンバーの涼花と打ち合わせ中に口論となり、暴力を振るってしまったことをTwitterで報告しました。

デスクT ひゃー、怖い!

記者H さらに、伊藤氏は20日、「所轄警察署へ出頭いたし、状況説明より聴取頂いた上、メンバー本人、保護者様へ改めて謝罪をさせて頂き、ご宥恕頂いた次第です」(原文ママ)と報告。

デスクT 逐一、報告して偉いね!

記者H 翌21日には涼花が、「私自身、精神的なショックが大きくて、今後の活動はとても悩みました。 でも、ここまで活動を頑張れたのは、虹架けだったからだと思います」「今の未熟な私には、スタッフさんが必要だとお伝えしました」などとツイート。さらに22日には、「保護者」を名乗る人物が、「今回のスタッフによる暴力行為は、親として大変遺憾に思っております」「今回の件に関しましては告訴を取り下げ、活動を見守りたいと思います。 保護者」とツイートしました。結局、今後も変わらず活動していくみたいです……。


1234
こんな記事も読まれています

高島礼子ドラマがシャブ逮捕効果で民放2位、ジャニーズ&AKBの“裏アカ”大量流出……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

ベテランデスクTと新米記者Hが、今週の芸能ニュースを振り返ります。高島礼子主演ドラマが好...
写真