日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 暗黒系アイドル・ネクロ魔の2年間

「あんなのは売れない」とバカにされた! 悔しくて泣いた! だけど「今、見に来い!」暗黒系アイドルNECRONOMIDOLが見つめる地平線

2016_07_20_0532

 去る6月30日。東京は恵比寿のライブハウス、リキッドルームに多くのアイドルファンが詰めかけた。いまだ熱冷めやらぬアイドルブームの中で、独自の路線で注目を集める“暗黒系”アイドルグループ、NECRONOMIDOL(ネクロノマイドル 以下、ネクロ魔)の4度目のワンマンライブが開催された。

 ライブが始まると、メンバーの指先まで気持ちの入ったパフォーマンスに圧倒された。会場を煽るメンバーと、それに応えようとするファンの応酬が熱気を作っている。この日が結成からちょうど2年ということで、すさまじいほどの気迫を感じた。

 リキッドルームでライブを行ったアイドルを数多く見てきたが、ネクロ魔はその中でも指折りに入るだろう。心を鷲掴みにされるような高揚感とともに、目の前で繰り広げられる光景に終始釘付けになった。

 ネクロ魔は、Jホラーやブラックメタルなどをコンセプトに掲げ「あなたの息の根止めちゃうぞ!」をキャッチフレーズに、14年に結成。すでに海外進出を果たし、現在タイでの公演真っ最中、そして今秋には国内4カ所を回るツアーを控えている。

 活動初期は、「あんなのは売れない」とファンからバカにされ、不遇の時代を過ごしたというが、このたび4度目のワンマンライブにたどり着いた。一体、彼女たちの2年間はどんなものだったのだろう? 「今、見に来い!」と、怪気炎を上げるネクロ魔に話を聞いた。

IMG_8501瑳里。普段は頬に相棒の蜘蛛がいるが、インタビューの直前にあったライブで舞台で迷子になりましたとのこと。

――ワンマンライブお疲れさまでした! 今回のワンマンをどんなふうに捉えていますか?

瑳里(さり 以下、瑳里) メンバー5人がライブを終えて、はけるときの顔を一人ひとり観察していたんですけど、やっぱりちょっと、大成功というわけではなさそうな表情で、今自分たちができる最高のパフォーマンスをしたのは明らかで、そういう意味では成功なんですけど“踏み台”っていう感じのワンマンに仕上がったかなと思っています。

――通過点だと。

瑳里 通過点。

柿崎李咲(かきざきりさき 以下、柿崎) 満足はしなかったよね。

九十九ほたる(つくもほたる 以下、九十九) やっとここからスタートだなっていう感じで。今、まさにスタートラインっていう感じ。


1234
こんな記事も読まれています

「あんなのは売れない」とバカにされた! 悔しくて泣いた! だけど「今、見に来い!」暗黒系アイドルNECRONOMIDOLが見つめる地平線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

去る6月30日。東京は恵比寿のライブハウス、リキッドルームに多くのアイドルファンが詰めか...
写真