日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 色恋営業をするグラドルはアリ?
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

「売れるためなら、なんでもアリ?」色恋営業に走るグラドルの品格

 彼はすぐに彼女の携帯番号を着信拒否にし、グッズなども捨てたそうです。グラドルとしての彼女も、プライベートの彼女も、どちらも大好きで、完全に彼女を信じきっていた彼には耐えられなかったのでしょう。それ以降、グラドルやアイドルにはいいイメージが持てないとのことです。

 確かに私のファンの中にもめちゃめちゃ優しい人もいれば、イケメンもいるし、「あ~結婚するならこういう人がいいなぁ~」って方もいます。ですが、いくら売れていなくても、現役グラドルのうちは“プロ”としていかがなもんか? と思うので、ファンの方との一線は越えません。売れるために“なんでも”するのは、正解なのでしょうか? 売れたいから小さい水着を着る、映画でヌードになるといった努力と、いろんなファンの人の“彼女”を演じて売り上げと生活を保つ努力は、一緒なんでしょうか?

 ちなみにその彼は、私のことを「どうせ、こいつもクソビッチ!」と吐き捨てていたそうです(笑)。クソビッチも何も、ビッチする相手がいません……。いくら底辺グラドルでも、引退するまで真面目にグラドルやります! そして引退する時に、ファンの誰かに嫁にもらってもらおうと思います(笑)。底辺グラドル、まだまだ応援よろしくお願いします‼

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネジャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/08/16 18:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed