日刊サイゾー トップ > 芸能  > 板野友美の結婚ブランドに揶揄

板野友美がウエディングドレスブランド立ち上げ! 「ナチュラルがテーマ」とアピールも「誰が着たいの?」の声

itanotomomi0831.jpg

 元AKB48の板野友美(25)が30日、自身がプロデュースするブライダルブランド『Petit Tomo(ペティトモ)』のデビューコレクション発表会に出席。ウエディングドレス姿を披露した。

 ブランド名は、「小さい」を意味するフランス語の「Petit」と、自身の名前から取った「tomo」を組み合わせた造語。色違いを含め全28種類のドレスを手掛け、9月から全国の結婚式場などでレンタルが開始されるという。

 板野は、ドレスについて「ナチュラルがテーマ」「女性らしい華奢さを出した」「今までにないようなドレスもある」などとアピール。結婚観について質問が及ぶと、「今は結婚したいと思わないです。仕事に集中したい」と語り、恋人の有無については「(恋は)してないです。仕事が恋人です」と話した。

「ワクワクしながら作った」という板野だが、ネット上では「誰が着たいと思うのか……」「歌も女優も中途半端で、今度はこれですか」「顔が全然ナチュラルじゃない」「ホリプロは、暇なタレントにウエディングドレス作らせるの好きだね」といった声が相次いでいる。また、約2年前にプロデュースブランド「ricori」が全店閉店となった元AKB48・篠田麻里子になぞらえ、「どうせ名義貸しでしょ。ricoriみたいに」「麻里子様の二の舞になる予感しかない」との声も。

「神田うのの『Scena D`uno』、ベッキーの『BCK message』、剛力彩芽の『剛力彩芽コレクション』、小倉優子の『You Priere』、篠田の『Love Mary』など、芸能人がプロデュースするブライダルブランドは数多ありますが、今回の板野ほど不評だったことはないのでは? 板野といえば、過去に自宅をテレビで公開した際、リビングに飾るべきシャンデリアを寝室に飾ったり、やたらとスワロフスキーでキラキラさせた成金趣味ぶりに『ダサい』『田舎のラブホテルみたいなチープさ』『ドン・キホーテ感がすごい』『そりゃあ、EXILEと付き合うわ』といった悪評が飛び交ったことも。また、ナチュラルなイメージのない板野だけに、『ナチュラルがテーマ』発言に違和感を覚える人も多く、“名義貸し”疑惑に発展しているよう」(芸能記者)

 26日には、自身が主演を務めたホラー映画『のぞきめ』のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席し、「次はラブコメディーとかをやりたい」「ちょっと“ぶりっ子”とか、小悪魔とかやってみたい」と女優業に意欲を見せていた板野。歌手、女優、ファッションプロデューサー……、どれか1つでも、世間に認められる日が来ればいいのだが……。

最終更新:2016/08/31 23:00
こんな記事も読まれています

板野友美がウエディングドレスブランド立ち上げ! 「ナチュラルがテーマ」とアピールも「誰が着たいの?」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

くまだまさし、テレビを断る理由

元AKB48の板野友美(25)が30日、自身がプロデュースするブライダルブランド『Pet...
写真