日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SMAP禁断の「後輩と共演」へ?

『SMAP×SMAP』ゲスト出演“お断り”続出で、禁断の「後輩と共演」実現へ?

smap170901.jpg

 SMAP解散報道の影響で、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のゲスト選びが困難になっている。

 番組関係者によると、特に音楽コーナーでSMAPと一緒に歌を披露する「S-Live」が以前に比べ、歌手やミュージシャンに出演オファーを応じてもらえないケースが増えているというのだ。

「このままの状況が続くと、以前は基本NGだったジャニーズ事務所の後輩グループとの共演ということもあるかもしれない」と番組関係者。

「正直、あのコーナーは、ほかより早くゲストを決めなくてはいけないんです。SMAPメンバーと一緒に歌うわけですから、その構成を決めたりするのに、ゲスト側の意向をくんだ打ち合わせが必要です。人気番組だったので、以前は多くの歌手が新曲の宣伝も兼ねて二つ返事で出てくれたんですが、それが解散発表以降はオファーを断られることが増えました。誰とは言えませんが、歌手本人より事務所の方針で、“SMAP解散の騒動に巻き込まれたくない”って感じのケースが増えています」(同)

 豪華ゲストで知られる『スマスマ』は、1月の独立騒動以降もレミオロメンの藤巻亮太、広瀬香美、クール&ザ・ギャング、いきものがかり、アリアナ・グランデ、吉川晃司、スチャダラパー、水前寺清子、布袋寅泰、カルチャー・クラブといった国内外の多彩な顔ぶれがSMAPと音楽の競演をしており、8月は解散発表前の収録で平井堅(29日放送)が登場。稲垣吾郎が扮するモノマネキャラの堅井堅とのコントまで披露し、一緒に「魔法って言っていいかな?」を歌った。次回9月5日の放送は矢野顕子が登場予定で、一見して出演者のクオリティはまったく落ちていないようにも思える。

 しかし、前出の番組関係者は「以前より1週間は遅い決定になってしまっている」と内情を明かす。

「過去に出演してくれた、ある人気シンガーソングライターからも断りの連絡があり、理由は伝えられませんでしたが『いま共演するタイミングにふさわしくない』という言い方だったと聞いています。スケジュール上は問題ないのに、SMAPのネガティブな騒動に関わりたくないということ。あるベテランバンドやテクノ系の人気ユニットからも、事務所を通じて断られています」(同)


12
こんな記事も読まれています

『SMAP×SMAP』ゲスト出演“お断り”続出で、禁断の「後輩と共演」実現へ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

SMAP解散報道の影響で、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のゲスト選びが困難になっ...
写真