トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

嵐、2020年で活動休止!

SMAPに続き、嵐まで…ジャニーズ事務所はどうなる!?
写真

人気連載

 2月上旬の人気記事ランキング

 2月1日、派遣型マッサージ店の女性従業員に乱...…
写真

ドラマレビュー

「肩書」は関係ない『はじこい』6話

(前回までのレビューはこちらから)   基本的に、占いや呪いのたぐいを信じてはいない...…
写真


日刊サイゾー トップ > その他  > 『ゲットダウン』J・スミスが語る、ヒップホップの始まりと真髄「ワイルドだけど知性的なんだ」

『ゲットダウン』J・スミスが語る、ヒップホップの始まりと真髄「ワイルドだけど知性的なんだ」

【リアルサウンドより】

 Netflixで配信中のヒップホップドラマ『ゲットダウン』が、海外ドラマファンのみならず、ラッパーやDJなどヒップホップアーティストの間でも大きな話題となっている。70年代後半のニューヨーク・サウスブロンクスを舞台に、そこで生まれ育った5人の若者が音楽やダンスを通じて自分を表現しようと模索する物語で、史実を織り込みながらヒップホップの黎明期を鮮やかに描き出した作品だ。

 監督を務めたのは、『ムーラン・ルージュ』や『ロミオ+ジュリエット』などの作品で知られるバズ・ラーマン。時代考証を踏まえつつも、当時の景観や文化を華やかに切り取ることに定評のある監督は、70年代ブロンクスの荒廃した街並みとそこに生きる若者たちの姿を、電車やシャッターに描かれた力強いグラフィティやカラフルなファッション・アートとともに、活気溢れる描写で表現している。

getdown-02th.jpg

当時の流行を感じさせるファッションも見どころのひとつだ

 本作の公開を記念して、”ディジー”ことマーカス・キプキング役を務めたジェイデン・スミス(18)が来日。ウィル・スミスを父に持ち、2010年度版『ベスト・キッド』では主演を務めた新進俳優だ。彼にとっても本作への出演は、とてもエキサイティングな経験だったようだ。

「『ゲットダウン』に出ることが決まって、すごく嬉しかったし、ハッピーだった。すぐにでも取り掛かりたいという気持ちでいっぱいだったよ。バズ・ラーマンが大好きだったし、彼の作品もすごく好きだったから。バズの作品で一番好きなのは『ロミオ+ジュリエット』だね。『華麗なるギャツビー』がその次かな。『ロミオ+ジュリエット』は最も素晴らしく、最も純粋なラブストーリーだと思う。初恋の気持ちをとてもうまく映像化しているよね。シェイクスピアによる古典的な物語を、バズが現代的に表現しているところも素晴らしい。『ゲットダウン』も、まさにバズのそういう作風が反映された作品なんだ」

 ジェイデンが言うように、『ゲットダウン』はピュアなラブストーリーでもある。才能に溢れた若き詩人・エゼキエル(ジャスティス・スミス)が、幼馴染みのマイリーン(ヘリゼン・グアルディオラ)に恋い焦がれ、自らの道との間で葛藤する姿には、きっと誰しもが共感しうるだろう。本作が、ヒップホップの熱心なファン以外からも支持を集めているのは、王道的な青春物語としても秀でているからに他ならない。

getdown-01th.jpg

ロマンティックな展開は、バズ・ラーマン監督ならでは

 ところでサウス・ブロンクスを舞台としたヒップホップ映像作品というと、1982年に制作された『ワイルド・スタイル』が思い出される。ヒップホップカルチャーを世界中に広めるきっかけとなった作品で、ここ日本でも『ワイルド・スタイル』が与えた影響は大きかった。ラップ、DJ、ブレイクダンス、そしてグラフィティというヒップホップの4大要素は、この映画によって知られ、世界中の若者を熱狂させたのだ。一方で本作『ゲットダウン』は、4大要素がどのようなアートフォームなのかを、より映像的にわかりやすく伝えることに成功している。

20160902-smith-02th.jpg

撮影中も終始、自身のiPhoneでヒップホップを流し続けていたジェイデン

 たとえば、ジェイデン演じるディジーは、ブロックパーティーの存在を知る前からグラフィティに夢中で、それがヒップホップという言葉が生まれるより先に現地では若者の間で流行していた遊びだったことを伺わせる。ディスコソングの間奏部分のドラムソロ=ブレイクを、同じレコードを2枚使って繰り返し流すことで生まれるブレイクビーツや、それに合わせて即興で観客を煽るラップ、お互いを挑発しながらアクロバティックな動きで勝負するブレイクダンスなど、それぞれの様式がかなり丁寧に描かれる。出演者たちも相当に練習したのだろう、ディジーがスプレーでグラフィティを描く姿も、自然で様になっている。当時から活躍する伝説的なグラフィティ・ライターのレディ・ピンクから、直接指導を受けたというから驚きだ。

「レディ・ピンクと彼女のパートナーに教えてもらったのは、本当のグラフィティ・ライターというのは、靴と手を見ればわかるということだった。靴か手のどちらかにペンキが付いていれば、その人はグラフィティをやっている、どちらにも付いていなければグラフィティ・ライターではない。グラフィティ・ライターから見れば、本物かどうかはすぐにわかってしまうんだって。だから僕も、実際にたくさん描いてグラフィティ・ライターの振る舞いを身体に染みこませる必要があった。手や顔がペンキだらけになるし、においもすごいから大変だったよ(笑)。描くときはずっとスプレー缶を抑えていなければいけないから、手がすごく疲れるしね。まるでギターを弾くようだったよ」

 本作における本物志向は徹底していて、ラップやDJのパフォーマンスもかなり綿密に作りこまれている。ヒップホップ界のパイオニアである3人のDJ、グランドマスター・フラッシュ、DJクール・ハーク、アフリカ・バンバータのほか、劇中の登場人物でもあるラッパー、カーティス・ブロウもクリエイティブチームに名を連ねる。ダンスの振り付けを担当したのは、マイケル・ジャクソンやマドンナの振付師として知られるリッチ&トーン兄弟。劇中で主人公たちが結成する架空のクルー“ゲット・ダウン・ブラザーズ”のパフォーマンスには、それぞれのキャラクターに合わせたスタイルが用意された。

12
こんな記事も読まれています

『ゲットダウン』J・スミスが語る、ヒップホップの始まりと真髄「ワイルドだけど知性的なんだ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

グッドワイフ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

トレース~科捜研の男~

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

後妻業

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

初めて恋をした日に読む話

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

さすらい温泉 遠藤憲一

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

刑事ゼロ

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

ハケン占い師アタル

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

メゾン・ド・ポリス

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

イノセンス 冤罪弁護士