日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 高齢者の性欲に向き合う女性たち

ないものにされる“高齢者の性欲”に向き合う女性たち『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』

 本書『昼、介護職。夜、デリヘル嬢』(ブックマン社)は、介護職で働きながら夜は風俗嬢として働く女性に、著者の家田荘子が取材したルポだ。

 現在、国内の介護職員は、約171万人。要介護者の総数に対して、36万人以上不足しているとされている。その理由として、重労働に対して低賃金であることが言及されているが、それだけではない。なんと、高齢者からのセクハラがあるというのだ。介護業界では“ないもの”とされる高齢者の“性欲”。本書では、それらと真摯に向き合う女性介護職員が多数登場する。

 動けないはずの右手が女性職員の股間めがけて動いたり、声の出せない高齢者が筆談で卑猥な言葉を投げかけてくることがある。自分が性の対象と見られたことにショックを受けて、仕事を辞めてしまう職員があとを絶たない。

 しかし、家田が取材した女性介護職員たちは、別の顔を持っていた。昼間、介護職員として働き、さらに夜は風俗嬢として男の相手をするのだ。もちろん、少ない稼ぎを補うためでもあるが、本書に登場する女性たちは、そこに生き甲斐を感じているという。いったいどういうことなのだろう?

 ある介護職員と風俗嬢を掛け持ちする女性は、風俗嬢を経験しているからこそ、日常的に行われる高齢者のセクハラ行為をうまくかわすことができよるようになったという。風俗の接客中に、客の男性が“本番”を要求してくることが多いので、それと同じように相手を嫌な気持ちにさせないように断る。「奥さんがみてるよ」などと、話を反らしたりするそうだ。

 介護でのストレスを風俗の仕事で解消していると語る女性。介護をやめるわけでも、風俗一本にするわけでもない。「お金じゃなくて、私は介護が好きなんです」と語る彼女は、現代の3K(キツい、汚い、危険)労働とも言える介護に今日も前向きに従事している。「もしかしたら、介護の仕事のストレスをこっちで発散しているかもしれませんね。おかげで、プラスとマイナスで、どっちの世界でも、いろんなことが許せるようになりました」と彼女は言い切った。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

ないものにされる“高齢者の性欲”に向き合う女性たち『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

本書『昼、介護職。夜、デリヘル嬢』(ブックマン社)は、介護職で働きながら夜は風俗嬢として...
写真