日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 結成20周年!バイきんぐを直撃
DVD『ハート』発売記念インタビュー

結成20周年! バイきんぐが葛藤の果てに見つけた、「バカ」と「注意」の境地

viking1025.jpg撮影=後藤秀二

 2012年のキングオブコント。初の決勝進出コンビでありながら、当時歴代最高得点で優勝。そして、その優勝のインパクトをも凌駕した「なんて日だ!!」というキラーフレーズ。バイきんぐは、一瞬にしてお笑い界を席巻した。あれから4年、バラエティ番組の常連になってもなお、毎年一度の新ネタライブは欠かさない。今回、コンビ結成20年の節目となるライブDVD『ハート』を引っ提げて、日刊サイゾーに2度目の登場。風格さえ漂い始めた2人が、20年の月日に思うこととは――。

***

――結成20周年おめでとうございます。赤ちゃんが成人になるほどの長い間、コンビを続けてこられたということですよね。

西村瑞樹(以下、西村) 組んだ時は、20年後までは考えていなかったですけど(笑)。

――20年間続いたポイントは、なんでしょう?

西村 やっぱり「あきらめない」という強い気持ちですね。

小峠英二(以下、小峠)   真矢ミキさんか(笑)。

――一口に20年といっても、もちろん、いろいろありましたよね……。

西村 結成7年目ぐらいですかね、どこの事務所にも所属しないでフリーでやっていた時はしんどかったです。もともと僕ら、大阪吉本で芸人を始めて、2000年くらいに東京に出てきたんですけど、そのとき入った事務所も、ちょっと合わなくてやめて。それから3年間くらい、我慢の時期が。

小峠 単純に、事務所のオーディションに、まったく引っ掛からなかっただけなんですけど。

――気持ちは折れなかったですか?

西村 あの時は結構、解散話もありました。

――それを乗り越えたきっかけは?

西村 ……「あきらめない」という強い気持ちで。

――そこにつながるわけですね(笑)。2012年に「キングオブコント」で優勝して、一躍その名がお茶の間に知れ渡ったわけですが、今あらためて、あの優勝がコンビニもたらしたものはなんだったと思いますか?

西村 今あるもののきっかけですからね。すべての始まり。

――優勝したことが、プレッシャーになったりとしたことは?

西村 チャンピオンの称号の重みとかではないですけどね。これからテレビに出させていただく間に結果を出していかなきゃな、という気持ちはありました。

小峠 これからヘタなネタ、面白くないネタはできないなっていう。「キングオブコント」という大会で優勝したからには、それなりのネタをやらなくちゃいけないんだろうなっていうのは、確かにありましたね。


1234
こんな記事も読まれています

結成20周年! バイきんぐが葛藤の果てに見つけた、「バカ」と「注意」の境地のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

2012年のキングオブコント。初の決勝進出コンビでありながら、当時歴代最高得点で優勝。そ...
写真