日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > キンコン西野の岡村批判に意外な声

ナイナイ岡村隆史をディスったキンコン西野亮廣に、なぜか「もう勘弁してあげて」の声

okamura1029.jpg

 芸人きっての“嫌われキャラ”で有名なキングコング・西野亮廣が、ナインティナイン・岡村隆史を公然と批判し、話題となっている。

 発売中のエッセー『魔法のコンパス』(主婦と生活社)でも堂々と触れられているが、「芸人ならこうすべき」という持論を押し付けてくる岡村が、とにかく苦手な様子。日刊ゲンダイのインタビューでは「少し前にNGK(なんばグランド花月)で一緒になったときは楽屋でしゃべりましたけど、早く出てってくれへんかなと。岡村さんのために時間も使いたくない」と嫌悪感をあらわに。“ひな壇芸人至上主義”を掲げる岡村に対し「岡村さんはやたらそこを突くからうるせえなあと(笑い)。僕は10年後輩。自分より立場の弱い後輩にネチネチ言ってくるのはおかしいんじゃないかと。噛みつくなら上にいけよと思うんです」と、壮絶にディスった。

 文末で「僕は岡村さんが面白いところを見たいのに、芸能界のご意見番みたいなことすんなと。学生時代にファンで見てたので、そういう姿を見ると寂しくなっちゃうんです」と若干のフォローは入れているが、前半部のインパクトが強すぎて完全にかき消されてしまっている。

 お笑い界は基本的には縦社会。後輩の西野が先輩の岡村に生意気な口をきくことは許されない。岡村シンパの芸人の反発は必至で、西野は自分の首を絞めることにもなりかねないが……。

「実は西野さんには、批判の声よりも『もう勘弁してあげて』という声のほうが多いんです。それは、岡村さんの内向的な性格に起因しています」とは、お笑い関係者だ。

 プライベートの岡村が地味なことは、広く知られた話。2010年には、体調不良で約半年間休養したこともある。

「正式な病名は明かされませんでしたが、あれはメンタルのバランスが崩れたことが原因。彼はストイックな性格で、他人の評価をものすごく気にするタイプなんです。それがある時、限界に達してしまった。当時の岡村さんの爪を見てください。ストレスでかみすぎて、爪先はボロボロですよ」(テレビ関係者)

 そうした精神面の危うさを抱えているだけに、西野のさらなる“口撃”を止めようと皆、必死なのだ。両者のバトルは、没収試合になりそうだ。

最終更新:2016/10/30 08:00
こんな記事も読まれています

ナイナイ岡村隆史をディスったキンコン西野亮廣に、なぜか「もう勘弁してあげて」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

芸人きっての“嫌われキャラ”で有名なキングコング・西野亮廣が、ナインティナイン・岡村隆史...
写真