日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 現役底辺グラドルが後悔している事
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

現役底辺グラドルが後悔する「20代にやっておけばよかったこと」

 11月21日発売の文庫本『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』(彩図社)の入稿が終わり、腑抜けております吉沢さりぃです。毎日やることがないのでうっかり晩酌をしてしまい、“あ~、また一人呑みしちゃった”と後悔しています。

 後悔といえば最近、若いグラドルちゃんから「20代の時にやっておけばよかったなってことありますか?」と質問されました。いくつもあります。今回は、それについてお話しします。

 まず、私が何より後悔しているのは「勉強をまったくしなかったこと」。私は高校時代からバイトに明け暮れ、自分のバンド活動の傍らバンドの追っかけをし、卒業もできるかわからない中、奇跡的にAO入試で大学に受かりました。偏差値も26ぐらいしかありませんでした。どうせ学歴と関係のない仕事をするからと考え、東京に長くいる口実を作るための大学進学でした。なぜか服飾科を選んだけど、超劣等生。ズボンを作るときにケチってペラペラの生地を買い、それだけで先生にお説教をくらいました。

 そして、ダラダラ大学生活を過ごし、グラドルとしてデビューするんですが、そこでハッとしました。私には面白い趣味も特技も学歴もなかったのです。お乳しかない……。これがもし一流大学や国立大学に通っていたら、“高学歴巨乳グラドル”ということで、DVDが何枚か決まっていたかもしれません。服飾科も別に悪くはないのですが、私はミシンすら使いこなせず、自分で衣装も縫えず、スタイリングもできませんでした。特技と呼べるようなレベルに達していなかったのです。

 そのほか、パソコンの授業をちゃんと聞いてれば、今ごろ、請求書も手書きで書くような手間もかからなかっただろうなあとか、英語を頑張っておけば今よりも海外旅行を楽しめていただろうなあとか、国語をもっと頑張っていれば今よりもいい文章が書けたかもしれないと思ったりもします。私は何をしていたんでしょう……。グラドルが過剰な時代にあって、武器はひとつでも多いほうがいいのです。

 次に後悔したことといえば、「就職しなかったこと」。これは意外と思われるかもしれませんが、もしも大学に戻れるなら、就職活動したいです。就職しなかったのは、芸能活動をしていく上で、突然入る仕事に対応できないのではないかと思ったことと、就職することで芸能活動にプラスになることはないと思ったためでした。


12
こんな記事も読まれています

現役底辺グラドルが後悔する「20代にやっておけばよかったこと」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

瓜田純士の夫婦喧嘩が映画で解決!?

11月21日発売の文庫本『現役底辺グラドルが暴露する グラビアアイドルのぶっちゃけ話』(...
写真