日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 現役底辺グラドルが後悔している事
“崖っぷち”アラサーグラドル・吉沢さりぃの「グラドルもつらいよ!」

現役底辺グラドルが後悔する「20代にやっておけばよかったこと」

 ですが、現実は、仕事なんて月に1回、半日程度の撮影があるかないか、3カ月に1度のDVD撮影、土日の撮影会程度です。グラビアアイドルというより、ただのフリーターでした。また、当時いた個人事務所は、バイトなどの生活感のにじみ出た内容のブログへの書き込みは禁止だったため、本当に何も書くことがありませんでした。これなら就職するとか、資格を取ったほうが、よほど自分の売りは増えます。仮に大手企業に就職したり、お堅い公務員などしていれば、週刊誌で“某○○会社のOLが脱いだ!”などと銘打たれ、撮り下ろしグラビアができたかもしれません。最初からグラビアという道を選択したグラドルの場合、過激なグラビアをやったところで、なんのインパクトもありません。

 そして、最後に「貯金しなかったこと」。これは、私がいま何より切実に後悔しています。私のブログやTwitterを見て下さっている方ならご存じかもしれませんが、しょっちゅう電気やガスが止まってます。家賃も払えず、支払いが遅れ、取り立てられることもしばしば。お仕事はぼちぼち増えてきましたが、お仕事が増えるとバイトにまったく行けず、「あかん! 家賃払えねぇ!」となるのです。今はギャラをくださる会社としかお取引はありませんが、芸能のギャラはふつう数カ月先なので 仕事が忙しくなると、貧乏になってしまうのです。なので、フリーター時代やキャバクラ時代に、しっかり貯金をしていればよかったなぁと反省しています。

 ……と、結局、締めは貧乏ネタになってしまいましたが、私がお金持ちになる方法がひとつだけあります。それは、11月21日発売の文庫本がたくさん売れること! 夢の印税生活です。皆さん、底辺グラドルがバイトを辞められるように、ぜひともご購入ください! 中身は面白いこと、保証付きです。18日のイベントも、お待ちしております。

●『グラビアアイドルのぶっちゃけ話』トーク&サイン会
11月18日(金)19時~
書泉ブックタワー(秋葉原)9F
http://shosen.co.jp/event/42930/

yoshizawas.jpg

●よしざわ・さりぃ
バスト107cmのKカップを武器に活動する三十路グラドル。趣味は、キックボクシング・飲酒・少女漫画研究・箱根駅伝研究で、特技はお酒の一気飲み。タレント事務所にてマネジャーをしていた経験もあり、芸能の表も裏も知り尽くしている。ミスFLASH2016ファイナリスト。

最終更新:2016/11/16 18:52
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed