日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 市川紗椰、ヨイショ記事が裏目に…

ヨイショ記事が裏目に……フジテレビ『ユアタイム』市川紗椰“クビ寸前”なのがバレちゃった!

ヨイショ記事が裏目に……フジテレビ『ユアタイム』市川紗椰クビ寸前なのがバレちゃった!の画像1

 番組存続に必死だ。

 視聴率低迷が叫ばれるフジテレビ系ニュース番組『ユアタイム~あなたの時間~』(月~木曜/午後11時半~、金曜/午後11時58分~)。情報番組を強化したい同局の肝いりで立ち上げられたが、メーンMCを務めるはずだった“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏に経歴詐称が発覚し、出鼻をくじかれた。

 いったんそうなると、もうどうにもならない。今月8日には平均視聴率2.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、不名誉な形でニュースとなったが……。間髪入れず、11日付のスポーツ報知が、同番組の不可解なヨイショ記事を掲載。米大統領選の結果を伝えた10日放送回の平均視聴率が3.1%と急上昇したと報じたのだ。

 しかもその要因は、モデルキャスター・市川紗椰が米国に飛び、現地リポートで奮闘したからという。

 これに週刊誌記者は「市川のバックには大手芸能プロが付いていて、そことスポーツ報知が昵懇。ここまでわかりやすいヨイショ記事は久しぶりです」と笑う。

 確かに、視聴率は2.2%から3%台に上昇したが、一般的な印象は「たいして変わらない」だろう。

 ベタボメされた市川のリポートぶりにも、疑問符がつく。

「かみまくりだし、スタジオとの掛け合いがうまくいかず、見ていて不快に思う視聴者は多かった。当初、彼女は落選を想定してドナルド・トランプ陣営を取材することになっていたが、あまりにも使えないため、ヒラリー・クリントン陣営の安藤優子さんと交代になった」(テレビ関係者)

 もはや市川の見どころは「たわわな美乳のみ」という番組スタッフもいるくらいだ。

 そんな中でのヨイショ記事。前出週刊誌記者は「このままでは市川のクビが危ういと悟り、事務所サイドがお願いして書かせたのだろう」と読む。

 市川のためにも、誰かが引導を渡したほうがいいようにも思えるが……。

最終更新:2017/06/13 18:33

ヨイショ記事が裏目に……フジテレビ『ユアタイム』市川紗椰“クビ寸前”なのがバレちゃった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

番組存続に必死だ。 視聴率低迷が叫ばれるフジテレビ系ニュース番組『ユアタイム~あなたの時...
写真