日刊サイゾー トップ > 芸能  > 長谷川豊アナは「ガセネタメーカー」

長谷川豊アナは「ガセネタメーカー」!? 親しかったはずのテレビマンが“悪評”吹聴で……

hasegawa1116長谷川豊オフィシャルブログ「本気論 本音論」より

 ブログに人工透析患者を中傷するような記事を掲載し大炎上、すべてのレギュラー番組降板にまで追い込まれた元フジテレビの長谷川豊アナについて、やたらと悪口を触れ回っているテレビ関係者がいる。この人物が、騒動前は長谷川アナを絶賛していたことから、極端な「手のひら返し」が業界内でひんしゅくを買っているという。

 問題のテレビ関係者は番組制作会社勤務の男性A氏で、過日、週刊誌の記者に「長谷川さんと親しかった人脈が、テレビ界から一掃されるらしい」などという話を情報提供。その中身は「長谷川アナは番組スタッフから聞いたウワサ話を確かめもせず、そのままメディアで話したりブログに書いたり、ときには親しい記者に流すことでも知られるガセネタメーカーで、一連の騒動とともに業界内で問題となって、一部の局が長谷川アナだけでなく、彼と親しくしていた人まで追放しようとしている」というもの。

 さらに具体的に、ある女性記者が以前ネット番組(すでに終了)で話した「SMAPメンバーの4人が女性プロデューサーに枕営業をしていた」というトンデモ話も、長谷川アナがネタ元だったと、吹聴していたという。

 確かにその女性記者はネット番組内で「司会を長谷川さんに頼んでみようかな」と発言するなど、長谷川アナと親密だった様子だが、これらA氏の話にはまったく確証がなく、話を聞いた記者が別のテレビ関係者らに聞いてみたところ、「A氏自身が虚言癖のある人物」と言われてしまったのだという。

「A氏こそ、長谷川アナに変な話を吹き込んでいた人物で、それを長谷川アナがどう受け取ったかは知りませんが、追放されるとすればA氏だけでしょう」と記者。

 ただ、長谷川アナは過去、海外滞在の際に経費の不正使用が疑われる騒動でフジを退社後、そのリベンジとばかりに、フジの内情を暴露するような話をしていたり、こうした暴露話を売りにするような講演やネット上での過激な物言いなどが続いたため、今回のA氏のネタを鵜呑みにする業界人もいるという。

12

長谷川豊アナは「ガセネタメーカー」!? 親しかったはずのテレビマンが“悪評”吹聴で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

ブログに人工透析患者を中傷するような記事を掲載し大炎上、すべてのレギュラー番組降板にまで...
写真