日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > おデブちゃんロボット、人間を襲う

ついにAIの反乱始まる!? 「おデブちゃんロボット」に男性が襲われ、2針を縫うケガ

robo01人を食ったような表情のロボット「おデブちゃん」

 ドイツが推進する製造業の革新「インダストリー4.0」に対抗すべく、中国政府が掲げている「中国製造2025」では、医療やロボットなど、高付加価値産業の育成を志しているが、それは必ずしもうまくはいっていないようだ。

 11月16日から21日、広東省深セン市で開催された「第18回中国国際高新技術成果交易会」において、事件は起きた。「鳳凰網」(11月18日付)などによると、17日午後、同交易会で展示された、ゆるキャラのような締まりのない顔をしたロボットが突如、コントロール不能となり、暴走。ブースを破壊し、ガラスの破片が通行人めがけて飛び散った。ひとりが病院に搬送され、2針を縫うケガを負ったというのだ。

robo02おデブちゃんが暴走してブースを破壊。辺りにガラスの破片が飛び散った
robo03巻き添えを食った通行人が救急搬送された

 人を食ったような表情をした、このロボットの名前は「小胖(おデブちゃん)」。北京進化者機器人科技有限公司が4~12歳の子どもの教育のために開発されたものだというが、もし子どもが周りにいたら、とんでもない事態を引き起こしていただろう。

 事故を受け、同社は即座にロボットの構造的な欠陥を否定。オペレーターが前進と後退のボタンを押し間違えた、操作ミスによるものだと弁明した。しかし、ネット上では「メーカーは、絶対ロボットの故障を認めないだろう」「仮にそれが本当だとしても、こんな危ないロボットを子どもが操作できるの?」「熊の子どもでも教育しようってのか」といった、もっともな意見が多く寄せられた。

12
関連キーワード

ついにAIの反乱始まる!? 「おデブちゃんロボット」に男性が襲われ、2針を縫うケガのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

ドイツが推進する製造業の革新「インダストリー4.0」に対抗すべく、中国政府が掲げている「...
写真