じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

トランプもビックリ!? 「もし日本に大統領がいたら……」な過激マンガ『日本国大統領 桜坂満太郎』

 そして、これらの諸悪の根源はすべて中国です。しかも、味方のはずのアメリカは、やれ「軍事衛星が故障した」だの、「日米安保は無効になった」だのと言って、ちっとも日本を助けてくれません。まるで熟年離婚した夫婦のような冷たさ。

 このマンガのすごいところは、日本の新しいリーダー、桜坂による即断即決の政治判断。ズバッと決めて、ズバッと解決。実に男らしいのですが、その結果……バンバン人が死んでいきます。

 例えば、中国が操るテロリスト集団に襲撃され、桜坂が取り囲まれるシーン。銃口を突きつけられ、まさに死の一歩手前というところで、テロリストのリーダーに取引を持ちかけられます。

「どうだね? 桜坂さん……オレの話に乗らないか?」
「断る!!」

 さすが、即断即決の男です。しかしその直後、テロリストが報復としてお台場のフジテレビ社屋を爆破。局員たち1万人以上が死亡します。そこは即断即決じゃなく、もうちょっとのらりくらりと引っ張れよ……。

 そんなこんなで、九州も東京も東北も中国の手に落ち、国民が殺されまくる中、唯一、中国の手が伸びていない北海道に逃げ延びる桜坂なのですが、ここから奇跡の逆転劇が始まり、再び日本を奪還、真の独立国家を宣言するというすさまじいストーリーで、やってることはトランプ氏よりもドゥテルテ大統領よりも、はるかに過激です。
 
 ちなみに、タイトルは『日本国大統領 桜坂満太郎』なのですが、作品中の立場はずっと都知事です。最後の最後に、北海道で独立宣言した時にようやっと大統領になるわけですが、考えてみたら都知事なのに自衛隊を指揮したり、北海道で独立宣言したりと、ツッコミどころが豊富すぎます。

 というわけで、かなりぶっ飛んでいる近未来日本マンガをご紹介しました。今までだったらこんな荒唐無稽な話、あり得ないだろうと思うところですが、トランプ政権では日米関係や世界情勢がどう転ぶか、予測不能な状況です。もしかしたら、このマンガに描かれていたことが現実になるかも……。そんな状況の今だからこそ、読んでみる価値のある作品といえます。

 実は、このマンガより前に『日本国初代大統領 桜木健一郎』という、タイトルも内容もよく似た作品が存在していました。どちらの作品も原案・監修者が日高義樹氏で、いわば兄弟作のような関係です。どんだけ「桜」が好きなんだよって感じですが、気になる方は併せて読んでみるといいかもしれません。
(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん<http://ablackleaf.com/>)

「ザオリク的マンガ読み」過去記事はこちらから

最終更新:2016/12/08 14:53
12
こんな記事も読まれています

トランプもビックリ!? 「もし日本に大統領がいたら……」な過激マンガ『日本国大統領 桜坂満太郎』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

11月8日に行われた米国大統領選でまさかのドナルド・トランプ氏が当選し、第45代大統領に...
写真