日刊サイゾー トップ > 芸能  > 好きな男性アナ、TBSとフジが苦戦

人材難露呈したTBS、凋落顕著なフジ……「好きな男性アナウンサーランキング」は日テレ・枡太一アナが5連覇

masu1213.jpg日本テレビ アナウンス部の公式サイトより

 オリコンスタイルが9日、恒例の「第12回好きな男性アナウンサーランキング」を発表。朝の情報番組『ZIP!』MCでおなじみの桝太一アナ(日本テレビ)が5連覇を達成し、2009年の安住紳一郎アナ(TBS)以来の“殿堂入り”を成し遂げた。持ち前の甘いルックスや親しみやすさに加え、高身長、知性、ユーモアのセンスなどが支持され、好感度は抜群。女性の水卜麻美アナと共に、4年連続で同ランキングの男女トップは日テレの局アナとなった。

 2位には、昨年と同順位で、毎年上位に名を連ねている羽鳥慎一アナ(フリー)が入った。3位には、『NHK紅白歌合戦』の総合司会に決まった武田真一アナが、昨年4位から浮上。

 3月で『報道ステーション』(テレビ朝日系)のMCを降板した古舘伊知郎アナ(フリー)は圏外から急上昇、意外にも4位にランクイン。『報ステ』降板後、初のレギュラー番組となった『フルタチさん』(フジテレビ系)は低視聴率に沈んでいるが、バラエティ番組でそのトークスキルを発揮したのが急上昇の要因のようだ。古舘アナの支持層は圧倒的に男性で、女性票はトップ10圏外となっている。

 5位には、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)、『Mr.サンデー』(フジテレビ系)MCの宮根誠司アナ(フリー)が入り、昨年9位からジャンプアップ。6位は、『ズームイン!!サタデー』などに出演する辻岡義堂アナ(日本テレビ)で、昨年3位から降下。7位には昨年圏外に消えていた伊藤利尋アナ(フジテレビ)が、2年ぶりにランクイン。14年までランキング上位の常連だった伊藤アナは、フジの“お昼の顔”として定着していたが、昨年15年3月末から夕方の報道番組『みんなのニュース』に担当が変わった。その影響で、昨年は圏外に消えた模様だが、同番組への出演が浸透したようで、トップ10に復活した。

 8位から10位には、ようやく新顔が入った。8位は4月より『報ステ』のMCに抜擢された富川悠太アナ(テレビ朝日)。これまで、『報ステ』のリポーターや『報道ステーションSUNDAY』のMCとして活躍してきたが、好感度の高さが、同性・異性を問わず、支持されている。9位には『PON!』などに出演する青木源太アナ(日本テレビ)、10位には『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』などを担当する清水俊輔アナ(テレビ朝日)が初ランクインを果たした。


12
こんな記事も読まれています

人材難露呈したTBS、凋落顕著なフジ……「好きな男性アナウンサーランキング」は日テレ・枡太一アナが5連覇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

オリコンスタイルが9日、恒例の「第12回好きな男性アナウンサーランキング」を発表。朝の情...
写真