日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『IQ』に全力でツッコんでみた

7.8%ショック! 最終回で視聴率急落の『IQ246~華麗なる事件簿~』に全力でツッコんでみた

 弾丸は奏子の左胸に命中。ほぼ心臓です。すぐにでも死にそうですが、医学部出身の賢正は「止血をすれば大丈夫です」と断言。沙羅駆も、奏子を放置して機動隊に説教をするなど呑気なひと時を過ごします。狙撃隊は狙撃隊で、警官が撃たれた(自分たちで撃った)というのに微動だにせず、賢正が奏子を担いで去っていくのを眺めています。なぜなら「現状を維持しろ」という命令が出ているからです。もう、何を見せられているのかわからなくなってきます。

 沙羅駆は、奏子を小さな町病院に連れて行きます。地元住人でごった返す待合室で、左胸を撃たれた警官が青白い顔をして診察を待っている風景が、実にシュールです。せめて救急病院に連れて行くことはできなかったのでしょうか。

 ちなみにこの病院では、対応した人間が「事務の人間で医者でもない」という理由で診察を断られました。医者を呼べよ! 人が撃たれてんねんで!

 そのころマリアTは、ハッキングによって日本中の電力をコントロール下に置き、政府に「日本国民の個人情報データベースにアクセスするためのパスワード」を要求します。何に使うつもりだったのかは、最後まで明かされません。電力はハッキングできるのに、そっちをハッキングできない理由もわかりません。政府は3つのパスワードを渡しますが、沙羅駆が4つ目のパスワードを設定したために、マリアTは個人情報にアクセスできませんでした。つまり沙羅駆は、マリアTさえなしえなかった個人情報のハッキングに成功したわけです。もうね、脚本がどんどん沼にはまっていく感じがすごいです。分単位で継ぎ足ししながら撮ってるみたいな印象です。

 沙羅駆は奏子を観察医・足利(矢野聖人)のところに連れて行って、応急処置を依頼しました。この足利という人物、マリアTこと森本の部下だったわけですが、森本がマリアTとなって職場から姿を消したことに、これまで一切のリアクションをしていません。気のいい上司が急にいなくなったのに、それについて何も言及しないんです。普通に仕事してるんです。怖いよ。

 さて、マリアTは北鎌倉の法門寺家にいました。いよいよ直接対決です。碁盤を挟んで向き合い、毒薬を1つ混ぜた、いくつかのカプセルを広げました。互いに「相手に飲ませる1粒」を指定していくんだそうです。第2話で沙羅駆と犯人がやった対決と、ほぼ同じです。ここ大事なので、もう1回書きます。第2話で、沙羅駆と、犯人がやった対決と、ほぼ同じなんです。なんということでしょう。最終回の最後の対決が、天才と天才による最高の頭脳戦が、第2話と同じなんですよ。びっくりしますよ。

 沙羅駆が毒を2つに増やすことを提案しました。理由はわかりません。

 2人は薬を飲みながら、何かドラマを総決算するような理念らしきものを言い合いますが、何をしゃべってるのかよくわかりません。

 法門寺家にはSAT(特殊部隊)が集まってきました。中に沙羅駆とマリアTがいることはわかっているのに、踏み込みません。理由はわかりません。

 沙羅駆はマリアTに「人は一人では生きられない」とか言い出しました。金八先生オマージュでしょうか。

 で、まあ、マリアTが毒を飲んで倒れます。

 沙羅駆は「この方法なら、私を道連れにすることもできたはず」と言いますが、どうやれば道連れにすることができたのかわかりません。


123
こんな記事も読まれています

7.8%ショック! 最終回で視聴率急落の『IQ246~華麗なる事件簿~』に全力でツッコんでみたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

IQ246の天才・法門寺沙羅駆(織田裕二)が難事件を次々に解決してきた日曜劇場『IQ24...
写真