日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『IQ』に全力でツッコんでみた

7.8%ショック! 最終回で視聴率急落の『IQ246~華麗なる事件簿~』に全力でツッコんでみた

iq1212TBS系『IQ246~華麗なる事件簿~』番組サイトより

 IQ246の天才・法門寺沙羅駆(織田裕二)が難事件を次々に解決してきた日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)も、いよいよ最終回。すべての事件の黒幕だったIQ300の天才・マリアT(中谷美紀)との最終決戦が描かれました。天才vs天才の、ドラマ史上に残る高度な頭脳戦が描かれてほしいという期待は、実はもうあんまり持っていなかったけれど、それにしてもひどい出来だったと思います。本当にひどい脚本。醜悪至極なり! なり!

 視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、過去最低だった前回の9.3%から、さらに1.5ポイントも下げました。どれだけの視聴者がこの最終決戦に興味を持たなかったかが、よくわかる数字です。そして、見てしまった視聴者の「見て損した」感も、察するに余りあります。

 もう最後ですから、きっちりツッコんでいきましょう。

 まず、沙羅駆には「射殺許可命令」が出ています。これについても、警視総監は出していないと言ったり、マリアTがハッキングして出したことになったり、はたまた御前様が出したことになったり、前提からしてブレブレです。今回、初めて見た人は「御前様」が誰なのかよくわからなかったと思いますが、第1話からじっくり見ていた私もよくわかりません。射殺の許可の命令を出せる立場のそういう人がいるみたいです。

 機動隊のみなさんは従順ですので、許可命令が出れば従います。そんなこんなで沙羅駆と護衛係の奏子(土屋太鳳)、執事・賢正(ディーン・フジオカ)は包囲されてしまいます。

 しかし、ここで賢正と沙羅駆はコートを交換し、機動隊は間違えて賢正を追いかけます。ある程度逃げたところでババッと正体を明かして身構えた賢正に、なぜか襲い掛かる機動隊。この時点で沙羅駆を取り逃がすことになりますが、それは別にいいみたいです。「撃て!」とか言って、賢正に向けて発砲したりしますが、素手の賢正による鮮やかな格闘術で、やりこめられてしまいました。いやいや、沙羅駆を追えよ。追えよ!

 あまりに無能至極な機動隊から、まんまと逃げおおせた沙羅駆と奏子がどこかに隠れていると(どこだよ)、賢正が車で迎えに来ました。すると、賢正の登場を待っていたかのように、物陰から狙撃隊が現れます。どうやら彼らは、待機の命令を受けているようです。理由はわかりません。そこにいたなら賢正が現れる前に沙羅駆の身柄を確保できそうなもんですが、しません。待機命令に従っています。

 するとマリアTが警察無線に割り込み、「撃て」と命令。奏子が撃たれます。これも、シーンとしては、狙われたのが沙羅駆で、奏子は身を挺して守ったかのように描かれましたが、何分後かに「マリアTが沙羅駆を怒らせるために奏子を撃たせた」ということになりました。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真