日刊サイゾー トップ > 連載・コラム >  パンドラ映画館  > 衝撃作『ワイルド わたしの中の獣』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.406

社畜は死ね、狼は生きろ! 本物の狼との交歓シーンもある衝撃作『ワイルド わたしの中の獣』

finefilmswild01本物の狼との獣姦ドラマか、それとも異類婚ファンタジーか。野生動物と人間との共生を描いたドイツ映画『ワイルド わたしの中の獣』。

 毎日当たり前のように残業が続き、休日も自宅のパソコンでの仕事が待っている。年末年始さえ、まともに休みが取れそうにない。そんな社畜ライフとの決別を考えている人にお勧めなのが、ドイツ映画『ワイルド わたしの中の獣』だ。上司の顔色をいつも気にしているマジメでおとなしいOLが森で見つけた野生の狼を捕獲し、マンションでの同居生活を始めるというワイルドすぎる衝撃作。誰にも言えない秘密を持ったことでOLは徐々に大胆で攻撃的な性格へと変貌を遂げていくことになる。社会生活の中で本音を押し殺して生きている人ほど、主人公の変身ぶりに共感を覚えるに違いない。そして本作の特記すべき点は、登場する狼は“本物”であるということだ。

 シェパードやシベリアンハスキーといった狼に近い犬種を使うのではなく、本物の狼と人間が共演を果たした『ワイルド わたしの中の獣』。主人公のOL・アニアを演じた女優リリト・シュタンゲンベルクは、実録映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも恐れた男』(1月7日公開)にもドラマの鍵を握るミステリアスな美女役で出演している注目の若手女優。本作では全裸姿で狼に股間を愛撫されるという超過激なシーンにも挑んでいる。CG全盛のハリウッドやコミック原作の実写化が主流となっている日本映画では、まず作られることがないデンジャラスな映画だ。マンションの一室で狼と主演女優リリトが対峙するシーンだけでも、とてもスリリングで見応えがある。

 ストーリーはシンプルさを極めている。マンションでひとり暮らしをしているアニア(リリト・シュタンゲンベルク)は職場と自宅を往復するだけの味気ない毎日を過ごしていた。少し前までは妹ジェニー(ザスキア・ローゼンタール)も一緒だったが、恋人ができてジェニーはマンションを出ていき、すっかり疎遠になってしまった。職場ではアニアがいちばん年下の女性ということから、上司ボリス(ゲオルク・フリードリヒ)にお茶汲みをするのが当たり前となっている。ボリスは上司としてまるで尊敬できない胸くそ悪いヤツで、他の男性社員たちもアニアがおとなしいことから面倒くさい雑用を押し付けてくる。

 そんなある日、アニアはマンション近くの森で一匹の狼と遭遇する。神秘的であり、毅然とした佇まいの狼にアニアは魅了され、それ以来ずっと狼を捕獲することばかり考えるようになっていく。寝たきり状態の祖父が入院している病院で睡眠薬を手に入れ、アジア系の労働者たちを狩りの勢子として雇い、ついにアニアは狼を生きたまま捕獲することに成功。マンションでの狼との同居生活を始めたことで、アニアは危険な匂いのする女へと変わっていく。上司ボリスはそんなアニアに興味津々だった。だが、マンションの住人から「変な匂いがする。どうにかしろ」と苦情が寄せられ、アニアはある決心をする──。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed