日刊サイゾー トップ > 芸能  > ASKA「お茶すり替え」のネタ元

ASKA「お茶すり替え」に“ネタ元”が? アウトローコミック原作者が指摘

 昨年、事前にマスコミに情報が漏らされた不可解な逮捕騒動の末、不起訴となった歌手・ASKAだが、11月下旬の逮捕時、尿検査を求められた際に「お茶にすり替えた」と証言したことに、日本中が驚かされた。

 容疑を否認した上で、ASKAは「あらかじめ用意したお茶を、尿の代わりに採尿カップに入れた」と話したのだが、これに作家の影野臣直氏が「私の原作漫画を読んで参考にしたのかもしれない」と話している。

 アウトローや犯罪事情などにも精通する同氏は、昨年11月発売の漫画本『実録!体験談刑務所の中「住めば都」と化す底なし沼』(コアマガジン)の中で、お茶と尿をすり替える話を描いていたからだ。

 この作品はオウム真理教の教祖、麻原彰晃の妻である松本知子がオウム事件で懲役6年の実刑判決を受け、2002年10月まで和歌山刑務所にいた際、所内で遭遇したという女性(覚せい剤取締法違反で当時収監中)の証言をコミック化したもので、取材した影野氏が原作を書いた。

 話の中で女性は尿検査を求められた際、コンドームに入れて隠し持っていたお茶とすり替えたとしている。

 逮捕時や刑務所内でのエピソードを明かした同社のシリーズは、元犯罪者にも愛読者が多いことで知られ、影野氏は「ひょっとしたら、ASKAさんはこれを読んでいたのかな」と話す。

「警察はASKAさんに対して“逮捕ありき”で動いていたように見え、おそらく『連行すれば、どうせ覚せい剤が検出されるだろう』と安易に思い込んでいたのでしょうが、逆に逮捕される側は、グレーでもクロにされてしまう恐怖感から、たとえ潔白でも尿をすり替えるということはあるんです。ただ、ASKAさんが証言通り、本当にスポイトを用意してすり替えたなら、かなり手慣れた人のやること。私の漫画を読んで思いついたのでなければ、ほかの薬物犯罪者から情報を仕入れていたのかもしれない。尿検査を逃れる手口なんて、普通は逮捕経験者にでも聞かないと思いつかないですし、何かまだ奥に知られざる真相がある気がします。こういう薬物捜査の捜査段階のミスは、実は珍しくなくて、逮捕されて不起訴になったことがある岡崎聡子や小向美奈子も似たようなケースだったと思われます」(同)


12
こんな記事も読まれています

ASKA「お茶すり替え」に“ネタ元”が? アウトローコミック原作者が指摘のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

昨年、事前にマスコミに情報が漏らされた不可解な逮捕騒動の末、不起訴となった歌手・ASKA...
写真