日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ベテラン脚本家が語る“元SMAP”の役者力

「キムタクが一番使いにくい」キャリア25年のベテラン脚本家が語る“元SMAP”の役者力

「キムタクが一番使いにくい」キャリア25年のベテラン脚本家が語る元SMAPの役者力の画像1

 SMAPの肩書が消えた元メンバーたちだが、ジャニーズ事務所が猛プッシュする木村拓哉以外、“芸”の実力がタレントとしての今後を左右するとみられる。

 そんな中、ドラマに限っていえば、「5人の中では、稲垣吾郎がズバ抜けている」とする専門家の声がある。連続ドラマや時代劇を多数手掛けてきたキャリア25年の脚本家A氏に、匿名を条件に“本音”を語ってもらった。

「稲垣さんは、若いときから素質が感じられた。『二十歳の約束』(1992年/フジテレビ系)で牧瀬里穂を相手に『オレ、君のためなら死ねる!』と純粋ストレートに叫んでいた一方で、別の作品では内面に翳のあるキャラも演じきれていて、こういうナイーブな演技ができる素材は稀少 だと思っていました。スペシャルドラマ『稲垣吾郎の金田一耕助シリーズ』(2004~09年/同)では、シリアスさとユーモアを使い分けるところに注力していて、映画『十三人の刺客』(10年)で残虐な殿様を演じたときに、その成果が出ていました。逆に『佐々木夫妻の仁義なき戦い』(08年 /TBS系)では 弁護士役が合わず、幼稚な演技に見えてしまいましたが、これは完全に配役ミスでしょう。これまでハマリ役が少なかっただけに、僕なら、警察の上をいく誘拐犯なんかをやらせてみたい」(同)

 稲垣の次に評価が高いのは、草なぎ剛だ。

「喜怒哀楽の激しさがうまく表現できるようになったのは、映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(09年)あたりから。新垣結衣と恋仲になる無骨な武士を演じましたが、草なぎさんの真骨頂は“怒り”のシーンで、演出家たちの間でも評価が高まっていましたよ。現在放送中の連ドラ『嘘の戦争』(フジテレビ系)も、やはり怒りの表現が迫力満点。自分の親を殺した会社社長に復讐する物語ですが、第1話の『オレが味わった地獄を、おまえら全員に見せてやる。おまえらの地獄はここからだ』とすごむシーンには 鳥肌が立ちました。ヤクザ映画が全盛の時代なら、ヤクザやヒットマンを演じてもらいたかった。コンプライアンスに厳しい地上波では、そういうのは、なかなか難しいですけどね」(同)

 一方、バラエティ番組の司会が本業といった感じの中居正広だが、A氏は「脚本的には『当 て書き』(配役 を決めてから脚本を書くこと)がしやすい」と評価する。

「演技をメーンの仕事にしていないから、演出家の評価はそれほど 高くないんですけど、あの明るいキャラクターはわかりやすい。『味いちもんめ』(95年/テレビ朝日系)みたいに、パワーほとばしる演技が彼の魅力。生来で持っている地の部分を生かしたほうが、いい脚本が書けるタイプです。12年の『ATARU』(TBS系)みたいな超能力者もよかったけど、僕ならバカキャラを書いてみたい」


12
こんな記事も読まれています

「キムタクが一番使いにくい」キャリア25年のベテラン脚本家が語る“元SMAP”の役者力のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...…
写真