日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > テレ朝昼ドラ枠復活で“聖域”崩壊

テレ朝「昼ドラ枠」復活で“聖域”崩壊……『ワイド!スクランブル』橋本大二郎にメス?

 ただ、もともと元NHKで前高知県知事である橋本の起用は、定年後の男性視聴者に向けたシニア向け人選だったといわれる。前任者の寺崎貴司アナウンサーより16歳も年上の人物を起用し、より重みのある番組作りにシフトしている。

 しかし、その司会には賛否に分かれる。1月17日の放送では、猪瀬直樹元東京都知事と豊洲市場の問題を厳しく追及、「環境の専門家が言ってること以上のことは誰も言えなかった」とした猪瀬元知事に「一流の専門家が想定できないことが起きる場所だ」と食ってかかった。猪瀬元知事は自身が専門家でないながらも淡々と説明はしていたが、その説明を遮って「不安が拭えない都民は多い」とやり合った。これには視聴者の間で賛否が分かれ、「元知事に鋭く突っ込んだ」という肯定的な意見と、「猪瀬元知事の説明を理解しようとせず意地悪に糾弾しているだけ」という否定的な意見が見られた。

「その内容はともかく、以前から不快だという声が多いのは、MCなのに相手の話を最後まで聞かず反論するところ。ゲストと同じ立場の論客になってやり合うところは、司会者としてどうなのかという声はあります。MCが冷静さを欠いてしまうのはシニア層にあまり受けがよくないかもしれない」(前出放送作家)

 テレビ朝日に問い合わせたところでは、現時点で『ワイド!スクランブル』の改編や司会者の交代という予定はないとしたが、いずれにせよ、今回の昼ドラ枠復活は、業界内でもいろいろな意味で気になる話となっているようだ。
(文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/02/06 12:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed