日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『バイキング』“躍進”報道の違和感

相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』“躍進”報道の違和感

相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』躍進報道の違和感の画像1

 一部マスコミでフジテレビ系の情報番組『バイキング』が好調だと伝えられていたが、1月末から2月上旬の視聴率一覧を見てみると、決してそうではないことがわかった。

 年明け1月5日の放送回で番組最高視聴率の7.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を記録し、昨年同時間帯トップだったTBS系『ひるおび!』と並んだことが報じられていたが、その後のデータを見ると1月30日は4.6%、31日は4.4%、2月1日は3.8%、2日は4.6%、3日は3.8%と相変わらずの低調。

 この5日間、『ひるおび!』は一番低い日でも6.7%で、ほかも7~8%台をキープ。テレビ朝日系『ワイド!スクランブル』、日本テレビ系『ヒルナンデス!』と並んだ情報番組戦争で、『バイキング』は4番組中、30日に『ワイド~』にわずか0.1%勝っているだけで、あとはすべてビリなのである。

 その30日も、テレ朝が途中挟んだ『徹子の部屋』の5.2%には負けているから、上回ったとも言い切れない。

 特にひどかった3%台の日は、1日が「ASKAと会った川合俊一」の出演で、川合はASKAから警察の尿検査でお茶とすり替えた話の説明を受けたことを明かしたものだったが、世間はすでに不起訴となったASKAの容疑の中身については、あまり関心がなかったようだ。

 また、3日の放送では、米・トランプ大統領がオーストラリア首相に暴言を吐いた話などを特集。MCの坂上忍が「子どもじみている」と大統領に苦言を呈したが、ほぼ同じネタを扱った『ひるおび!』『ワイド~』に大きく水をあけられており、そもそも番組の作り方自体があまり支持されていない模様だ。

 同番組は、31年半続いた『笑っていいとも!』の後継番組で、生放送のバラエティ番組という形だったが、1%台を記録する惨敗で何度かリニューアル。

 現在は時事ネタについて生討論する情報番組の色を強め、一時的に視聴率が上がったこともあったが、現状を見る限り、それも長続きせず、開始当初ほどの不振ではないにせよ、低視聴率に変わりはないという結果だ。


12
こんな記事も読まれています

相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』“躍進”報道の違和感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

一部マスコミでフジテレビ系の情報番組『バイキング』が好調だと伝えられていたが、1月末から...
写真