日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『バイキング』“躍進”報道の違和感

相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』“躍進”報道の違和感

 番組出演したことがある記者によると、「バイキングは生討論といっても、実は、情報番組では異例の2時間に及ぶリハーサルを行ってから収録していますよ」という。

 また、視聴者のネット上の感想を見ていると「坂上が毒を吐いて厳しく叩くのは弱い者ばかりで、強い者には何も言わない」というニュアンスの意見が数多く見受けられる。これについてはライバル番組、テレ朝『ワイド~』のディレクターは、こう指摘する。

「時事ネタ色を出せば、報道という枠になります。報道というのはジャーナリズムであって、権力者の監視、つまり力の強い者への抵抗が求められる。先日、ウチの番組に元都知事の猪瀬直樹さんが出演して、出演者から厳しい質問を浴びせられました。猪瀬さんは“元権力者”ですけど、強い者の側にいた人ですから、厳しくやるのは当然なんです。坂上さんが毒舌で勝負するなら、少なくとも権力者とか立場のある強い人に、直接言葉をぶつけることをしないと、偏っているように見えてしまう。ゲストに“元権力者”である東国原英夫さんとか、記者や弁護士まで並べてターゲットを批判するのは、弱い者いじめをしているようにも映る」

 実際、坂上は10日の放送で、タレントの松本伊代と早見優が線路内への侵入で京都府警から書類送検されたことについて「重すぎる」と擁護。大物タレントのことになると、腰が引けるようにも見えた。

 低視聴率の原因はそれだけではないかもしれないが、いずれにせよ、一部で言われているほど『バイキング』が躍進しているわけでないのは確かだろう。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/02/14 12:00
12

相変わらず低調なのに……フジテレビ『バイキング』“躍進”報道の違和感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「大政奉還」徳川慶喜の誤算

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『富豪刑事』タッキーとの舞台裏…伊藤監督語る

一部マスコミでフジテレビ系の情報番組『バイキング』が好調だと伝えられていたが、1月末から...
写真