日刊サイゾー トップ > 芸能  > 清水富美加の父に借金5千万円報道

清水富美加の父親に借金5,000万円報道! “奴隷契約”疑惑のレプロにとって「朗報」か

清水富美加の父親に借金5,000万円報道! 奴隷契約疑惑のレプロにとって「朗報」かの画像1「清水富美加 (本名) (@sengen777) | Twitter」より

 幸福の科学の信者で、今後は法名の「千眼美子(せんげんよしこ)」として活動すると発表した女優の清水富美加。サンケイスポーツが14日、清水の父親が数千万円の借金を抱えており、教団が肩代わりした可能性もあると伝えている。

「東京出身の清水は、三姉妹の末っ子として生まれ、10年ほど前に両親が離婚。清水は父親に引き取られたといい、母親は清水の後押しもあり、すでに別の男性と再婚しているとか。これまで、マスコミの質問に柔軟に対応してきた教団側ですが、借金の件には『個人のお話ですので、お答えできる立場ではございません』とノーコメントを貫いています」(芸能記者)

 12日にマスコミ宛てに配られた直筆メッセージで、清水は「約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした。なので今、出家したいと思いました」と理由を説明。

 さらに13日深夜には、自身のTwitterに「出家だけではなくて 誰か ギリギリだと言った部分に隠された事 誰か 気付いてくれてますように また 一つの事実がもう消されそう」と何かを匂わせるようなツイートをしており、ネット上では「薄給すぎて、借金が返済できなかったって言いたいのでは?」といった臆測のほか、「ここまで派手にやったんだから、今さら何をもったいつけてるんだ?」「もはや、誰にも気を遣う必要ないだろ」と苛立つ声も上がっている。

「父親の借金についてスポーツ紙に漏らした人物が誰かはわかりませんが、これで得をするのはレプロ(清水の所属事務所)でしょうね。レプロは今回、教団側から『完全な奴隷契約』『ブラック企業だ』などと痛烈批判を浴び、2年前の能年玲奈の独立騒動時にも同様の批判が報じられていたため、世間の目も厳しい。しかし、父親の借金問題が絡んでくると、事務所だけの問題ではなくなってくる。現在、双方は2月末での契約解除に向けて話し合いを行っていますが、そこには当然、CMや映画の違約金の話も絡んでくる。その際、責任の所在が重要になってきます」(同)

 新情報が飛び出し、泥沼化の一途をたどっている清水の出家騒動。2月末での契約解除が実現するとは、到底思えないのだが……。

最終更新:2017/02/14 16:00
こんな記事も読まれています

清水富美加の父親に借金5,000万円報道! “奴隷契約”疑惑のレプロにとって「朗報」かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

幸福の科学の信者で、今後は法名の「千眼美子(せんげんよしこ)」として活動すると発表した女...
写真