日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 女子アナ界“コネ入社”事情
【短期集中連載】現役女子アナ・ナカムラの『ブログには書かない話』第2話

元乃木坂46だけじゃない!? 女子アナ界“コネ入社”事情「10人いたら、9人が……」

 ここまで言っといてアレですが、私自身は残りの1割、実力採用だと思っています。特にスカウトもなかったし家庭もごく普通、アナウンサーを目指し始めたのも成人してからだし、スクール時代もぼっちだったし(これは関係ない)。当時をちょっと思い出してみましょう。

 当然キー局だけの応募では安心できず、就活は日本全土の地方局に、片っ端から書類を送りました。あんまり言うと特定されそうで怖いんで地域は書きませんが、ある局の最終試験で残った10人中、その局の役員の娘(ハッキリ言って一番イケてなかった)だけに内定が出た時は、残りの全員で飲みに行って「テレビ○○、爆発しろ!」と盛り上がったものです。それでその同志たちとは、その後もいろんな地方局の最終面接で顔を合わせることになりまして少なくとも地方組に関しては、コネ無しの実力組でもちゃんと選別されてるんだな、と感慨深かったです。

 ここまで読んでくださった方々は、もはや市來さんのコネ入社疑惑を批判する気なんて、完全に失せていることでしょう。青田買いと縁故採用の雨嵐、一次試験から最終まで全部受けてる方が圧倒的に珍しい、それが女子アナの世界です。ちなみに乃木坂さんの楽屋は、なぜかほぼ確実にジャニーズタレントの話で盛り上がっています。どんな話かって? それ書いたら私、確実に秋元さんに消されますよ~☆
(つづく)

■ナカムラ
20××年、某局に局アナ入社したアラサー。一応レギュラー番組を複数持ってる“実力派”。夢はフリー転身だが、ぬるま湯と天秤にかけ続けて早ウン年。何か面白いことないかな~と夢想していたところ、こんなコラムを書くことになってしまいました。

最終更新:2017/02/19 18:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed