日刊サイゾー トップ > 芸能  > レプロ社長霊言「レアがうまい」

レプロ社長の守護霊「レアがうまい」……幸福の科学が“人食い鬼”設定にした理由 

「これから公開される清水の出演映画に、人肉を食べるシーンが含まれていることと、本間氏の守護霊のキャラを無理やり結びつけることで、教団側はレプロを絶対的な悪に仕立て上げようとしているのでしょう。信者はすでに清水に同情心を募らせており、そんな清水を救済した教団を絶賛しています。なお、清水が出演する映画のうち、人肉を食べるシーンがあるのは『東京喰種(トーキョーグール)』のほかに、もう1つ。そちらのシナリオはとにかく後味が悪く、清水が気を病んだのは、おそらく後者のほうだと思われます」(同)

 16日に教団が公開した動画「能年玲奈の守護霊霊言」では、能年(のん)の守護霊に「人肉を食べる役どころを演じる役者は、人格崩壊してしまう」と清水の気持ちを代弁させるなど、もはややりたい放題の幸福の科学。教団のレプロへの猛攻撃は、一体いつまで続くのだろうか?

最終更新:2017/02/22 11:14
12
こんな記事も読まれています

レプロ社長の守護霊「レアがうまい」……幸福の科学が“人食い鬼”設定にした理由 のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

ほどほどYouTuberに聞く

宗教団体・幸福の科学が15日に公式サイト上に公開した動画「レプロ・本間社長守護霊インタビ...
写真