日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国の教科書に日本の無修正AV

中国の国定教科書が、日本の無修正エロ動画を堂々掲載! 犯人は出版社の人間か?

中国の国定教科書が、日本の無修正エロ動画を堂々掲載! 犯人は出版社の人間か?の画像1今回、騒動の発端となった古典詩の教科書。人民教育出版との版元クレジットがある

 学校で使われている教科書が、中国警察の“捜査対象”となってしまった!  いったい、どういうことなのか――。「法制晩報」(2月18日付)によると、中学生の娘(15)を持つ母親から、古典詩の教科書をめぐって「大変なことが起こった」と警察に通報があったという。

 この少女が自宅で古典詩の勉強をしていたところ、教科書に“より詳細な情報”として、関連のURLが記載されていた。真面目な彼女は、さらに知見を深めようと、そのURLにアクセス。すると、なんと無修正エロ動画サイトにつながってしまったのだ! 

中国の国定教科書が、日本の無修正エロ動画を堂々掲載! 犯人は出版社の人間か?の画像2実際のリンク先の画像、ほとんどは日本の作品であった……

「娘がアダルトサイトを凝視していたので、ビックリして問い詰めたら、『アドレスが教科書内に記載してあって、勝手につながった』と言うんです。半信半疑で教科書を確認し、URLを開いたら、本当でした。さらに詳しく確認してみると、有料アダルト動画サイトに誘導するリンクもあった。これは許せないと思って、通報しました」(少女の母親)


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

中国の国定教科書が、日本の無修正エロ動画を堂々掲載! 犯人は出版社の人間か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

学校で使われている教科書が、中国警察の“捜査対象”となってしまった!  いったい、どうい...
写真