日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > コールガールが地球温暖化を阻止!?
じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

高級コールガールが非エコ野郎を抹殺! エコロジー仕置人マンガ『エ恋スト』

 皆さんは普段、どんなエコ活動してますか? スーパーへ買い物に行くときはエコバッグを持参し、外食をするときはマイ箸を持ち歩き、夏になればエアコンの温度を28度に固定して節電……こんなのは当たり前ですよね?

 しかし、この程度のヌルいエコ活動で地球温暖化が食い止められると思ったら大間違いです。究極のエコを目指すならば、時には人をあやめなければならない――そんなエコロジストが活躍するマンガ『エ恋スト』をご紹介しましょう。

 主人公の回向院清香は、二酸化炭素の削減について研究する大学研究員。しかし、実は裏の顔も持っていました。夜は伝説の超高級コールガール「清香」であり、環境破壊をする非エコ野郎共を抹殺する仕置人でもあるのです。

 しかし、清香の行動は、昼も夜もエコ活動ということで一貫しているのです。例えばコールガールになった清香は、客は自分からは一切清香に触れてはいけない、いわゆるマグロ状態厳守というルールを設けています。その驚愕の理由とは……

「成人が運動をすると、1分間に150リットルの空気を呼吸するの」
「30分間の性的交渉をしても、片方が平静時のままなら浴槽一杯分のCO2を抑制したことになるわ」

 そう、客がマグロ状態であれば環境に優しいのです! そのほかにも……

「唇をつけられるのはお断りよ。仕事のたび、石鹸で洗わなきゃいけないなんて」
「洗剤や石鹸の有機成分が微生物を過剰発生させて生態系を壊しているの」

 キスは水質汚染につながるのです。そこらでチュッチュしているカップルは生態系を破壊しているから、今すぐやめるべき!

 ほかにも、エッチの後にティッシュを使おうとしたら、こんな豆知識も。

「ティッシュを取るときに必ず2枚取る人が多いでしょう」
「それを1枚にするよう心がければ、日本全体で1年間に木造住宅7万軒分の木を節約することができるのよ」

 木造住宅7万軒分とか! ピロートークでそんな話されたら、萎えることこの上なしですね。


12

高級コールガールが非エコ野郎を抹殺! エコロジー仕置人マンガ『エ恋スト』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真