日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > たかみな、中森明菜諦めた?

高橋みなみ「中森明菜を目標に」発言はなかったことに!? “元AKB48”の肩書も外せず八方塞がりに

高橋みなみ「中森明菜を目標に」発言はなかったことに!?元AKB48の肩書も外せず八方塞がりにの画像1

 昨年4月にAKB48を卒業した高橋みなみが23日、ネット番組『13時間生放送!占い師最強No.1決定戦』(AbemaTV)に電話で出演。グループ卒業後の活動に関する悩みを打ち明けた。

 同番組は、日本全国から集まった占い師30人の中から“最強No.1占い師”を決めるという内容。MCのAKB48・峯岸みなみに「悩みとか何か占ってほしいことある?」と聞かれると、高橋は「ソロで活動を始めて1年が経って、もうすぐ2年目。今後、芸能界のポジションというか、どこを目指したらいいのか」と悩みを打ち明けた。

 これに、占い師は「31歳で結婚、その後、すぐ子どもができる」「ママタレや秋元(康)さんのようなプロデュース業が向いている」などとアドバイス。高橋も食い入るように聞いていた。

 この高橋の悩みに、ネット上では「歌手どこいった」「中森明菜がなかったことになってる」「歌手はもう諦めた?」といった声が続出している。

 高橋といえば、グループ在籍時にソロデビューを果たすなど、AKB48きっての“歌うま”。本人も自信があったのか、卒業発表後のスポーツ紙の取材で、中森明菜を目標にソロアーティストとして音楽活動をしていくと明言していた。

「卒業後間もなく、プロ歌手と並んで音楽番組にキャスティングされるなど、事務所のお膳立ては完璧だった高橋ですが、素人のカラオケレベルの歌声に、視聴者から失笑が相次いでしまった。AKB48ファンの間では“歌うま”として知られていた高橋ですが、それが狭い世界での評価だったことに本人も気づいた様子。自信を失ったのか、中森の名前は出さなくなってしまいました」(芸能記者)

 昨年10月には、ソロ初アルバム『愛してもいいですか?』(ユニバーサルミュージック)をリリースした高橋。槇原敬之、玉置浩二、岸谷香、高見沢俊彦、HYの名嘉俊など、豪華アーティストが楽曲を提供したほか、タイアップやリリースイベントも盛んだったが、初週売上げは約1万枚。元AKB48・板野友美や前田敦子のソロ初アルバムを大きく下回り、以降は目立った歌手活動が見られなくなってしまった。


12
こんな記事も読まれています

高橋みなみ「中森明菜を目標に」発言はなかったことに!? “元AKB48”の肩書も外せず八方塞がりにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

昨年4月にAKB48を卒業した高橋みなみが23日、ネット番組『13時間生放送!占い師最強...
写真