日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  >  ジャニーズがネット事業に本腰

ジャニーズがネット事業に本腰を入れ始めた裏事情「“蜜月”フジテレビの凋落で……」

 ジャニーズがネット事業に本腰を入れ始めた裏事情「蜜月フジテレビの凋落で……」の画像1

 ジャニーズ事務所の7人組アイドルグループ「ジャニーズWEST」が、米動画配信大手「Netflix」のオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』(今年冬配信)に出演することが発表され、話題になっている。

 これまでジャニーズ事務所は「タレントの肖像権を守るため」として、所属タレントの写真をほとんどネット上に掲載していなかった。所属タレントの出演ドラマが、テレビ放送終了後、動画サイトで配信されることはあったが、ネット配信限定のオリジナルドラマに出演したこともない。

「よく知られているのが、ジャニタレが出席する記者会見でのフォトセッション。ジャニタレの写真はネット掲載NGのため、わざわざ彼ら抜きの絵作りをする。そのため、大手メディアのネット記事は、ジャニタレがメインの内容であっても、ほかのタレントの写真が使われることになる。ジャニタレが表紙の雑誌でも、各出版社がその雑誌をネット上で販売する際には黒塗りにするなど“自粛”させられていた。唯一の例外は、受賞者の写真が掲載される『日本アカデミー賞』の公式サイトぐらいだった」(芸能デスク)

 前述のドラマは世界190カ国で配信予定だというが、Netflixといえば、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』をいち早く連続ドラマとして映像化し、話題になったが……。

「正直、サイト自体での『火花』の視聴者数はそれほど多くなく、話題にならなかった。現在は、放送権を買い取ったNHKで放送されている。ジャニーズ事務所としては、今後のネット展開に向けての試金石としてWESTを投入するわけだが、それほど稼げるとは思っていないようだ」(同)

 では、ジャニーズの本当の狙いは、どこにあるのだろうか?

「以前からネット上でのオリジナルコンテンツの制作に高い関心を持っており、また蜜月だったフジテレビの凋落ぶりもあり、すでにテレビ各局を見限っている。そもそも、今のジャニタレのファンの大半はスマホ世代で、テレビよりもネット派。ネットのコンテンツにうまく課金するように仕向ければ、それなりの売り上げが期待できる。今後は、さまざまなトラブルを生んでいたコンサートのチケット販売も、ネット展開される可能性が高い」(芸能プロ関係者)

 果たして、SMAP解散で大幅にダウンした売り上げを回復できるだろうか?

最終更新:2017/03/30 11:30
こんな記事も読まれています

ジャニーズがネット事業に本腰を入れ始めた裏事情「“蜜月”フジテレビの凋落で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

ジャニーズ事務所の7人組アイドルグループ「ジャニーズWEST」が、米動画配信大手「Net...
写真