日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジの焼き直し番宣番組に落胆

フジテレビ『お笑い向上委員会』の焼き直し番宣番組に落胆! 変わらぬ“身内モード”に視聴者離れ加速

フジテレビ『お笑い向上委員会』の焼き直し番宣番組に落胆! 変わらぬ身内モードに視聴者離れの画像1

 フジテレビが春の番宣企画として『さんまの番組向上委員会』を14日に放送する。『さんまのお笑い向上委員会』をベースに、新ドラマや人気番組の出演者とお笑い芸人がコラボし、武井咲、桐谷美玲、小栗旬、嵐・相葉雅紀ら豪華出演者が並ぶ。すでに本家『お笑い向上委員会』では番組のハイライトシーンが繰り返し流されているが、ネット上では、フジテレビの変わらぬ“身内モード”に落胆の声が上がっている。

「『お笑い向上委員会』は、若手~中堅芸人たちが、アットホームな雰囲気の中で、さんまさんのフリにうまく応えていく場です。出演者が全員同じ空気を共有していることはもちろん、23時台という深い時間帯だからこそ生きる番組です。そのノリをそのまま番宣番組にしてしまうのは、安易と言わざるを得ません」(放送作家)

 春と秋の改編期に放送される番宣特番は、どのテレビ局にも存在する。人気番組名をつなぎ合わせた『スーパークイズスペシャル』(日本テレビ系)や、『オールスター感謝祭』(TBS系)はよく知られている。フジテレビもかつて『FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル』を放送していた。

「この中で残っているのは『オールスター感謝祭』くらいですね。どうしても番組の制作予算がかかるため、規模が大きな企画は打てなくなりつつあるのが現状です。とはいえ、半期に一度のお祭り企画なのですから、イチ深夜番組である『お笑い向上委員会』頼みなのは悲しいですね。もっと違う見せ方もあるはずでしょう」(同)

『お笑い向上委員会』の原型には、さんまとスタッフが絡む『フジテレビ大反省会』や、スタッフの番組プレゼンをさんまがジャッジする『お台場明石城』といった番組がある。こうした“楽屋落ち”の業界ネタが、視聴者に嫌われているのだと気づけない限り、フジテレビの惨状は当分続きそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2017/04/07 22:30
こんな記事も読まれています

フジテレビ『お笑い向上委員会』の焼き直し番宣番組に落胆! 変わらぬ“身内モード”に視聴者離れ加速のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

フジテレビが春の番宣企画として『さんまの番組向上委員会』を14日に放送する。『さんまのお...
写真