日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゴリ押しは一人もいない?

「ゴリ押しタレントは一人もいない」は真実か? 現場テレビマンの本音に迫ると……

 前出テレビマンによると「木村氏の記事で抜けていたのが、広告代理店の存在。ここが1枚噛むことで、スキルよりもビジネスが主体となって儲けるために物事が決まる」という。

「企業が商品を売り出すために大量の広告を出し、そこに登場するタレントがいれば、ゴリ押しで露出を押し上げて広告効果を倍増させ、商品のヒットにもつなげるプロジェクト的なものもあります。これは番組側が上からの指示を受け、無条件に大きく取り上げるしかない」(同)

 昔の話になるが、2004年に韓国ドラマ『冬のソナタ』が話題になったとき、筆者は実話誌に「広告代理店による韓国タレントブームの押し付けが始まる」という記事を書いた。NHKの番組を同日、民放各局が足並みそろえて宣伝して取り上げていた不思議な現象が、広告代理店のビジネスと絡んでいたことをキャッチしていたからだ。

 その後は、その通りの“韓流ブーム”が始まったのである。背景には、韓国側がコンテンツを安く売る海外戦略を仕掛けていたこともあり、テレビは関連グッズも含めた副収入を目的に、その流れに乗ったわけだ。過剰な韓流傾向は結果、その反動を生んだほどだったが、逆にこれをきっかけに韓国タレントにハマった人も多数いて、ゴリ押しそのものが絶対悪と言えない部分もある。

 業界歴の長い芸能ライターであれば、よく知らないタレントのPR記事を頼まれて書いたことも1度や2度ではないはずで、これもゴリ押しのひとつといえる。そのタレントが、その後に大人気となったこともあれば、まったく売れなかった例も多々。いずれにせよメディアが売ろうと思えば一定の露出はさせられるということではあるから、ゴリ押しは存在するが、最終的には実力がモノをいう世界ではあるだろう。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2017/04/14 18:30
12
こんな記事も読まれています

「ゴリ押しタレントは一人もいない」は真実か? 現場テレビマンの本音に迫ると……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...…
写真