日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 中川政務官は即刻辞職すべき!?
週刊誌スクープ大賞

親子でゲス不倫失脚の中川俊直政務官は即刻議員辞職すべき!? 「スリルに燃える」発言の“病気度”

 さて、『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)がベストセラーになっているが、ポストで唯一読めたのが(失礼!)、暇な女子大生がエリート男との赤裸々なセックス体験を綴って人気だという、ちんぽ日記。

 少し紹介してみよう。

「12月29日 社会人が勤めてる具体的な社名を知ると興奮する。例えば電通の人とセックスの時は『あの電通のちんこいじってる』『これが電通の喘ぎ声か』『電通は竿舐めが感じるんだ』って具体的なイメージができて興奮できたし汐留の電通本社ビルの前を通るたびにあの人のちんこを思い出してノスタルジックになる。

2月10日 東大卒財務省官僚とバル→ホテル。一重の渋顔だったが、財務省補正により坂口健太郎に見えた。Dキス(注・ディープキス)しながらパンツを下すとちんぽの先はトロットロ。財務省汁、最高に美味しい。国家を牛耳っているのにちんぽの先からあふれ出る体液は抑えられないんだね。財務省ちんぽで優勝したえっちな金曜日だった。

2月21日 私に対する批判は多数あるが、『男性をちんぽと呼ぶのは男性蔑視だ』というお叱りの声がないのは興味深い。逆に男性が女性のことをまんこ呼びしたらフェミニストが暴れるはず。だけどもしかしたら男性は私に繰り返しちんぽ呼ばわりされて心を痛めているのかもしれない。だったら申し訳ない。謝ります」

 こんなことをネットに書かれたら、電通や財務省の官僚はどう思うのだろう。こういうあけすけなセックス日記がネットで読むことができる時代に、週刊誌を買ってまでセックス記事やヘアヌードを見たいと思うだろうか。こうしたネットで話題のものを取り上げるだけでは、もはや売り物にはならないのではないか。そう思うのですがポストさん!

 ところで、生後6カ月の男児が蜂蜜を摂取したことで「乳児ボツリヌス症」を発症して死亡したが、レシピ検索・投稿サイトの最大手「クックパッド」にそのレシピが掲載されていたため、SNSで非難の声が上がった。

 だが、文春によると、いまだにクックパッドにはそのレシピが消されずに載っており、そのほかにも「要注意メニュー」があると報じている。例えば「鶏ユッケ、鶏ハム、鶏わさ」なども、過熱が不十分だと、鶏肉に含まれるカンピロバクターによる食中毒を起こす。「しめ鯖」が危険なことは私でもわかる。酢を薄めたりすると保存力が弱くなるからだ。「冷凍卵」も、冷凍ではサルモネラ菌が死滅しない。やはり健康にいいという「酵素ジュース」も、きちんとした温度管理をしないと、食中毒を引き起こすなどなど、専門家のチェックの入らないレシピをそのまま鵜呑みにすると危険だというのは、その通りであろう。

 先週のポストには、焼鮭の皮、カニミソ、海老天のシッポ、リンゴの皮は「本当は食べないほうがいい」という特集があった。

 魚に含まれるオメガ3脂肪酸には血液をサラサラにする働きがあるが、過熱すると逆に血液を凝固させるという。カリッと焼かれた焼鮭の皮は、私も好物だが、食べ過ぎに注意だそうだ。カニやロブスターなどの甲殻類の内臓などの柔らかな緑色の部分に、発がん性のあるPCBが蓄積しやすいから、カニミソも要注意。海老天のシッポはキチン質という動物性食物繊維でできていて、酸に溶けにくい。消化機能が低下している高齢者は消化不良を起こす可能性ありだそうだ。リンゴの皮には農薬が付着していて、水洗いでは落ちない。2日目のカレーは味が馴染んでおいしいというが、常温保存では食中毒を起こす危険があるという。

 だが、体調がおかしいと医者に駆け込んでも、これも先週のポストによると「日本の医療は誤診が3割」もあるというのだから、何を信じていいのやら。

 ポストによれば、神経内科の権威の沖中重雄東大名誉教授は退官する最終講義で、「私の誤診率は14.2%だ」といった。また、世界的な医学専門誌は04年に、フランスの医師らがICUで死亡した人々の解剖結果についての論文を掲載し、そこで「生前診断の約30%は誤診だった」と書いたという。

 名医や医療先進国でも誤診率は多いのだから、日本ではもっと多いに違いない。「医師は見誤る」。そう思っていたほうがいいというのだ。アレルギー性鼻炎と診断されたのに乳頭腫だった。耳鳴りが脳腫瘍。切れ痔が大腸がんという例は数知れず。誤診されるのを防ぐには、医者を変える勇気を持てとポストはいうのだが、その医者にも誤診されたらどうしよう?


123456
こんな記事も読まれています

親子でゲス不倫失脚の中川俊直政務官は即刻議員辞職すべき!? 「スリルに燃える」発言の“病気度”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

好感度の高い優良企業の不祥事!!

今週の注目記事・第1位「『ストーカー登録』された経産省バカ政務官!!」(「週刊新潮」4/...
写真