日刊サイゾー トップ > 芸能  > 塩谷瞬のウィキペディアに違和感

“二股騒動”塩谷瞬のウィキペディアが大言壮語だらけ!「自分で編集してるw」と揶揄飛び交う

 同ページの編集履歴を見てみると、この疑惑がネット上で話題となった22日、何者かがモバイルから幾度となく手を加えていることがわかる。たとえば、普段の移動手段についての「たまにタクシーも使う」という記載や、「戦争映画から等身大の役、荒廃感のある役まで幅の広い役をどれも自分の分身のように繊細に演じきる表現力は、豊富な人生経験がその根底にあることを感じさせる」といった賛辞が削除されている。

「タレントのウィキペディアの編集は、所属事務所が行っていることが多い。しかし、塩谷は10年に大手のスターダストプロモーションを離れて独立してからというもの、営業やプロモーション、ゴシップ記事を報じたマスコミへの反論作業まで、全てを自身の判断で行っているとか。自らウィキペディアを編集していても、なんらおかしくはありません」(同)

 かねてより「自分は大物」との意識が強いとささやかれている塩谷。大言壮語だらけのウィキペディアは、ウワサ通り本人が書き込んでいるのだろうか?

最終更新:2017/05/23 23:00
12
こんな記事も読まれています

“二股騒動”塩谷瞬のウィキペディアが大言壮語だらけ!「自分で編集してるw」と揶揄飛び交うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

ウィキペディアの俳優・塩谷瞬のページに対し、「自分で編集してるw」との揶揄が飛び交ってい...
写真