日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 天海祐希『緊急取調室』続編内定

絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情

絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情の画像1

 天海祐希主演の連続ドラマ『緊急取調室』シーズン2(木曜午後9時~/テレビ朝日系)が絶好調だ。初回は17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とロケットスタートすると、以後、14.2%→12.4%→12.4%→13.2%と高視聴率をキープ。第5話までの平均は14.0%で、今期の連ドラの中ではトップを走っている。

 在宅率が下がるゴールデンウイーク期間中、はかのドラマは軒並み低視聴率に沈んだが、同ドラマに関してはほとんど影響なく、高い数字を死守した。

『緊急取調室』は2014年1月期にシーズン1が放送され、平均12.9%を記録。15年9月放送のスペシャル版も14.6%をマークした。満を持してスタートしたシーズン2も快調とあって、テレ朝としては、なんとしてもシーズン3を実現させたいところだが、ここにきて続編放送が内定したという。

「天海は昨年10月期の主演ドラマ『Chef~三つ星の給食~』(フジテレビ系)が大爆死に終わっていただけに、『緊急取調室』の高視聴率には気分をよくしているようです。そんな折に、テレ朝から続編オファーを受けたのですから、断るはずがありません。時期は確定していませんが、来年4月期あたりが有力のようです」(テレビ制作関係者)

 さぞやテレ朝は万々歳かと思いきや、手放しで喜べない事情もあるのだという。

「なにせこのドラマは、田中哲司、大杉漣、小日向文世、鈴木浩介、大倉孝二といった“売れっ子脇役”を多数起用しています。次回作でも同じメンバーをそろえるとなると、スケジュール調整が大変です。さらに厄介なのがギャラの高騰。シーズン1に続くヒットで、天海の所属事務所(研音)からは、“高視聴率”を盾に、大幅なギャラアップが提示されたといいいます。続編をやりたいテレ朝としては、その条件をのむしかなかったわけですが、制作費が膨れ上がるのは痛いところです」(同)

 複雑な事情を抱えながら、シーズン3の制作が内定した『緊急取調室』。テレ朝的には、次回作も高視聴率獲得が必須となったようだ。
(文=田中七男)

最終更新:2017/05/24 12:00
こんな記事も読まれています

絶好調の天海祐希主演『緊急取調室』続編内定も、手放しで喜べないテレ朝の事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

天海祐希主演の連続ドラマ『緊急取調室』シーズン2(木曜午後9時~/テレビ朝日系)が絶好調...
写真